BTSが韓国経済に約5000億円もの経済効果をもたらしていると伝えられる

BTS(防弾少年団)といえば、昨年リリースしたアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』がK-Popの作品として初めて全米アルバムチャート1位を獲得したことが記憶に新しい。そんな彼らの人気を裏付ける数字として、BTSが韓国経済に46億ドル(約5000億円)もの経済効果をもたらしていることが明らかになった。

最新のThe Hollywood Reporterによると、韓国の報道機関であるSBSによる2019年の調査で、BTSが韓国経済に年間46億ドル(約5000億円)貢献していることが明らかになったとのこと。この数字には1億3000万ドル(約140億円)を超えるグッズの売り上げや、コンサートや音源、さらには二次的なものとして観光業や食品の輸出への影響まで含まれているそう。

また、Hyundaiによる2018年の調査には2017年に約80万人もの観光客がBTSのために韓国を訪問したというデータもあり、彼らの影響力が甚大であるのが見て取れる。加えて同調査では彼らが今後10年間で韓国経済に370億ドル(約4兆円)の効果をもたらすとも推定されている。

K-Popを一躍世界的に広めたBTSだが、このような具体的な数字を見ると改めて彼らの人気がものすごいものだと分かる。これには政府も正直大助かりといったところだろうか。今後彼らの人気がどこまで拡大していくか見物である。

related

BTSが日本初のドームツアーを全4都市9公演で開催決定

アルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』がK-Popのアルバムとして史上初めて全米チャート1位を獲得したBTSが、日本で初めてとなるドームツアーを11月から開催する。

W杯で韓国がドイツを倒したことで予選突破ができたメキシコでBTSの再生回数が大幅アップ | 人気歌手は差別的リアクションで批判を集める

現在開催されているロシアワールドカップで、これまで一番のサプライズといえば前回チャンピオンのドイツの予選リーグ敗退だ。

BTSのアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 がK-Popとして史上初めて全米アルバムチャート1位を獲得

アメリカのトップスターであるJaden SmithがK-Popアルバムをリリースしたいと発言するなど、全米での認知度も広がっているK-Pop。その先陣を切っているBTS(防弾少年団)のニューアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』 が、偉業を達成した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。