【インタビュー】WILYWNKA『PAUSE』|「キッズには希望を持ってほしい。俺らの未来は絶対に最高だ」

WILYWNKAが9月20日に2ndソロアルバム『PAUSE』をリリースする。本作はおなじみのGeG(変態紳士クラブ)、大阪を拠点に活動するプロデューサー/エンジニアのNOAH、さらにBACHLOGIC、KM、JJJらのトラックで構成されている。客演にはVIGORMAN(変態紳士クラブ)、Young Coco、Shurkn Pap、BADSAIKUSH(舐達麻)を迎えた。アルバムから感じられるのは、音楽中心の充実した生活。今回はこの「PAUSE」がどのように制作されたかを訊いた。

取材・構成:宮崎敬太

俺ら世代がマインドシフトしないとあたたかさを知らない人間がどんどん増えていく

 - 今回のアルバム「PAUSE」はポジティヴなバイブスが満載ですね。

WILYWNKA - うん。今回のアルバムでは、聴いてて良い気持ちになれたり、自分も頑張ろうと思える音楽をやってみようと思ったんです。こういうこと言うと綺麗事言ってるように思われるかもしれないけど、全然そんなことはなくて。実際、俺はこれまでの人生でかなり音楽に救われてきてるから。それにアルバム全体としてはポジティヴだけど、不完全な俺が「もっといい人になりたい」という思いも作品に投影されてます。

 - なぜそういうことを言おうと思ったんですか?

WILYWNKA - 今は俺自身がグッドバイブスだからかな。大阪にいる先輩たちーーそれは音楽とかやってない普通の仕事をしてる人も含めて、みんな本当にいい感じなんですよ。週末になると、ハウスとかテクノのパーティに誘ってくれて、いっつもみんなで馬鹿騒ぎしてる。一緒にいて気持ちがいい。だから俺もそういう人間でいたいなって。グッドバイブスがグッドを呼ぶように、バッドマインドもバッドを呼ぶような気がする。実際俺の中にはやさぐれた部分もある。だけどやさぐれて文句言ってる時間はもったいない。だから今はグッドバイブスは意識的に心がけてます。

 - やさぐれてるやつら、というのは同業者のこと?

WILYWNKA - いや、俺と同い年とか年下の世代全般のことですね。俺は「ゆとり世代の成れの果て」と呼んでる。普段は言いたいことを言えないけど、Twitterではめちゃくちゃひどいことを言えちゃう。そういうのって歪だと思う。思うに世の中が便利になりすぎちゃって、コミュニケーションの中にある素敵な瞬間が見えにくくなってるような気がするんですよ。例えば昔だったら、好きな女の子に告白するためには、「家族が出たらどうしよ」ってビビったりね(笑)。極端な話、今だったら告白なんてLINEのスタンプ一個で済む。俺からすると、不便利な時代にちょっと憧れちゃう。だから「一回立ち止まってみない?」みたいなことを言いたかった。

 - それが『PAUSE』というアルバムタイトルにつながっているわけですね。

WILYWNKA - 2曲目にアルバムタイトルと同じ“PAUSE”という曲があるんですが、これは瞬間を切り取ることのできるカメラをテーマに歌った曲。最近はスマホにカメラが付いてるから、みんな当たり前のように使ってるけど、冷静に考えてみるとカメラってヤバいと思ったんですよ。俺が今自撮りしたら、20代の自分を子供や孫に見せることができる。今この瞬間を未来に残せる。当たり前だと思ってることは当たり前じゃないというか。先祖の偉大なる発明があってこそなんですよね。でも、今の世の中にはすごいものがあふれすぎてて気づきにくい。だから一回立ち止まってみよう、と。それを写真を撮る時の「ポーズ」にかけたんです。俺らの世代が一回マインドシフトしないと、人のあたたかさを知らない人工知能みたいな人間が増えていくような気がしたんですよ。

ヒップホップにルールはないけど秩序とマナーはある

 - “Return Of The Rap”を聴くと「先祖の偉大なる発明があってこそ」という思いは、ヒップホップシーンに対しても感じているように思えました。

WILYWNKA - そうですね。単純に俺自身が土臭い昔ながらのヒップホップが好きっていうのもあるんだけど、毛皮のコート着て、高いスニーカー履いて、EDMみたいなトラックにオートチューンかけて歌えばヒップホップ、みたいなのは全然違うかなって。ヒップホップにルールはないけど秩序とマナーはある。それさえ知ってれば、ドンキで買ったDickies、ABCマートで買ったConverseやVANS、その辺で買ったやっすい白Tでもヒップホップは全然できると思ってる。

 - “Return Of The Rap”というタイトルは、マーク・モリソンの“Return Of The Mack”に引っ掛けているそうですね。

WILYWNKA - はい。ヒップホップ愛あふれる1%(WILYWNKAが所属するANARCHY主宰レーベル)のスタッフたちと一緒に考えました。この曲は1990年代に流行った曲で。“The Mack”には「イケてる男」って意味があるので、“イケてるラップが帰ってきたぜ”ってニュアンスなんです。

 - BADSAIKUSH(舐達麻)さんが参加してる“Represent”もアツいですね。

WILYWNKA - この曲もヒップホップ愛が爆裂してますね。ちなみにフックでDa Bush Babeesの“We Run Things (It's Like Dat)”をサンプリングしたのも1%のスタッフのアイデア。あの人たちは俺が生まれる前からヒップホップを聴いてきてるんですよ。この“Represent”はそういう異常にアツい大人たちと一緒に作りました(笑)

 - 曲のテーマはどのように決めたんですか?

WILYWNKA - 「レペゼン◯◯」っていうと、昔から地元にいる人、みたいなイメージがありますよね? でも本当に土地をレペゼンする人って、実は他のいろんな土地に行く人間なんじゃないかって思ったんです。例えばサッカーの日本代表になる選手の多くはがんがん海外でプレーして、日本のヤバさを各国で証明しまくってる。つまり土地をレペゼンする人間は地元に居続けられない。そういうことを言おうと思ったんです。

 - イントロで新幹線のっぽい音が入ってるのは、土地をレペゼンする人が地方に向かうイメージなんですね。

WILYWNKA - そうそう。俺は大阪を代表して、BADSAIKUSH氏は熊谷を代表して、それぞれいろんな街でプレイしてることを表現したかったんです。

VIGORMAN、ヤンココ、MAISONDE、Jin Doggは同級生って感じ

 - “Good Morning”に客演してるYoung Cocoさんとはかなり古い関係なんだとか?

WILYWNKA - 中学1年の時、スケボーパークで知り合ったんですよ。二人ともDGKっていうスケボーブランドが好きですぐ仲良くなりました。だからB-BOYっぽいスケーターキッズだったと思います。毎日梅田駅で合流してストリート攻めに行って、キックアウトされて、パークに行く、みたいな。パークの近くに100円ローソン(ローソンストア100)があって、ビニール袋に入ったチャーハンが惣菜コーナーで売ってたんですよ。19時くらいになるとそれを二人で食べてましたね。楽しかったなー。

 - 二人でグループも組んでたんですよね?

WILYWNKA - はい。俺は14歳からラップしてたんだけど、18歳くらいの頃にヤンココ(Young Coco)が「俺もラップしたい!」と言ってきたので、「じゃあやろか!」って一緒にやるようになりました。俺がよく顔をだしてたスタジオに一緒に行って、そこでKottonmouth Kingsの“Friends”のインストで一緒にラップを録ったのを覚えてます。あの頃のヤンココのラップは相当いなたかった(笑)。今と全然違うスタイルだったんです。今思うと絵に描いたようなキッズラップだったと思います。とにかく生意気でしたし。

 - WILYWNKAさんは結構サブカル少年だったんですね。

WILYWNKA - だいぶサブカル少年で、周りと違うカルチャーを知ってることに優越感を感じてました(笑)。だから学校よりもスケボー仲間たちと遊ぶことが増えたって部分もあるかな。当時、周りのやつらはいわゆる流行歌を聴いてたけど、俺は周りのスケーターの影響でヒップホップを聴いてたんですよ。最近あんまりやれてないけど、やっぱりスケーターに対する憧れはいまだに自分の中にかなりありますね。

 - “Good Morning”はどのように制作したんですか?

WILYWNKA - ヤンココとは古い馴染みなんで、絶対に一緒に曲を作りたかったんですよ。でも1stの時は実現しなかったんで、今回こそはって感じでオファーしました。制作自体は結構スムーズで、俺が先にラップを入れた状態でヤンココにパスしたら、速攻であの最高なメロディを入れてくれました。“Good Morning”は本当に長いこと一緒にいる俺ら二人の歌。ツルんで遊んでた時は本当に楽しくて、そういう記憶っていうのは時間の経過とともにどんどん薄れていく。だけど俺らはあの頃を忘れない、みたいなニュアンスが込められています。

 - “Why!?”に参加してるShurkn Papともかなり古い仲なんですよね?

WILYWNKA - ですね。MAISONDEとして活動してるやつらは、みんなチケットノルマがあるイベントに一緒に出てた仲間。あの頃は同世代でラップやってるやつが、ほとんどいなかったから自然と仲良くなりました。だからMAISONDEの連中は、ヤンココやVIGORMANとも仲良し。あと年齢的にはすこし上だけどJin Doggも。みんな同級生って感じ。本当にめちゃくちゃライヴやってた。週三とかはザラでしたね。みんなライヴが最高で今注目されてるけど、それは長いこと地道に活動してきたからだと思う。俺らは客が一人しかいなくてもかますっていうのがモットーですね。

関西人にとってBLさんと曲作れるのはヤバすぎる体験っす

 - “昼の6時”、“凌駕”はBACHLOGICさんがプロデュースしていますね。

WILYWNKA - 大ファンだったので、念願かなったって感じでしたね。BLさんはアルバム用に15曲ビートを送ってくれたんですよ。でも俺的にはしっくりくるのがなかったのと、作るならデータのやりとりだけじゃなくて、一緒に顔を合わせてやりたくて。そんなわがままを言ったら、BLさんがわざわざ大阪にあるNOAHくんとGeGがいるスタジオに来てくれたんです。“昼の6時”はGeGが弾いたベースから組み上げていきました。ドラムは最初、もっと今っぽいチキチキした音だったんですよ。でももっとゆったりした感じを出したくて提案したら、このあたたかみのある感じの音になりました。一方の“凌駕”は一気に書けちゃった曲。「俺いま最強」ってモードはラッパーだから言えること。どっちも最高に気に入ってます。っていうか、関西人にとってBLさんと曲作るのはヤバすぎるっす。

 - “STAY”に参加しているSIRUPさんも関西の方ですよね?

WILYWNKA - 知り合ったのは最近なんですけど、変態紳士クラブのバックバンドのメンバーが昔からつながってたみたいで。俺は普通にファンだったから、Reebokの企画で曲を作れるってなった時にSIRUPくんに声をかけたんです。そしたら実は地元がすごい近かったんですよ。歳が違うから当時は接触してなかったけど、俺が通学路として毎日通ってた道の側にある長屋が、SIRUPくんたちの溜まり場があったり。なので、結構すぐに意気投合できちゃいました。

 - “Lazy”をプロデュースしたMIGHTY MARSはPUNCH&MIGHTYのメンバーとして、EVISBEATSとも活動されている方ですね。

WILYWNKA - MIGHTY MARS氏はグッドバイブスの塊なんです。よく「タカ(WILYWNKA)くん、ご飯いこうやー」って誘ってくれて、「最近の若い子はどんなの聴いてるの?」みたいなことをよく聞かれますね(笑)。俺が長々と喋ってても、ずっとニコニコして聞いてくれてる。関西ではみんなからめっちゃリスペクトされてる超カッコいい先輩ですね。全然気負ってなくて、いっつも超自然体。“Lazy”はアルバムの中で一番はっきりと音楽に対して「ありがとう」と言ってる。それはMIGHTY MARS氏のバイブスが影響してると思います。

 - 関西の先輩という流れでいくと、今回はGeGの存在感が際立っていますね。

WILYWNKA - “CIROC”は“STAY”と同じ人が作ったと思えないくらい違う雰囲気ですよね(笑)。変態ですよ。ロックっぽい雰囲気もありながら、レゲエも感じるし、同時にすごいヒップホップ。でもミクスチャーみたいな感じではない。俺自身は結構苦労しました。とにかくサビが全然書けなくて。苦し紛れで適当にラップしてたらGeGが「それでええんやで」って言ってくれたんです。“Mayday”もGeGとの会話がヒントになってます。俺らって仮に親しい人が亡くなっても、その日にライヴがあったら、葬式じゃなくてライヴに行かなきゃいけないんですよ。ミュージシャンってそういう職業なんですよ。似合わないスーツを着て、棺桶を見て涙を流すんじゃなくて、俺らの音楽を待ってる人たちを笑顔にしなきゃいけない。“Don't Look Back”もおんなじようなテーマですね。ライヴで演奏して、お客さんが笑顔になってくれるのをイメージしてる。それで実際にいい雰囲気になると、俺らも曲がもっと好きになれる。

 - このアルバムを聴いて、今のWILYWNKAさんは音楽を中心に生活してて、しかもすごく充実してるんだろうな、と感じました。

WILYWNKA - そうですね。平日に音楽作って、週末にライヴするっていうのが今の生活のリズムですからね。音楽を作ることも楽しいけど、やっぱそれをライヴでお客さんの前で歌うっていうのも大事なんですよ。ライヴってギブアンドテイクなんです。俺らもお客さんからいろんなものをもらってる。綺麗事じゃなく、本当にそう思ってる。何回も何回もいろんなライヴをしているうちに気づきました。昔はただ「かましてやろう」としか思ってなかった。

 - “PAUSE”はすごく肯定感のある作品ですよね。

WILYWNKA - 今回のアルバムでは、結構嫌いな自分もさらけ出してるんですよ。例えば、“昼の6時”は文字通りの内容で、「はっ!」と起きたら午後6時だった時の歌なんですね(笑)。実はかなりやさぐれた歌詞だと思う。「起きる昼の6時 生きる意味なんて無い」みたいな。自己嫌悪に陥ってるけど、そのまま自暴自棄になるんじゃなくて、自分なりに光を見出す、みたいな。人生に折り合いをつけるというか。 “Not So Bad”もそう。嫌いな自分をハグできたって曲。自分でつけた傷に自分で絆創膏をつけたみたいな感じ。どっちも等身大の俺が出てると思う。

 - WILYWNKAさんのリリックは、悲しみの表現に特徴があると思います。

WILYWNKA - それは俺自身に弱い部分が本当にいっぱいあるからじゃないかな。自然とそういう部分が出ちゃうんだと思う。けど人前はいっつもヘラヘラしてますね。下向いて歩いてる俺なんて、誰も見たくないと思うから(笑)。

 - 今の話を聞いて、“OMW"の「昨日の失態も悪くない 超えてきたクソなLonely night」というリリックを思い出しました。

WILYWNKA - マジすか、それは嬉しいな。実はこの曲、本当に苦戦しまくったから。でもJJJくんのトラックは本当にカッコいいから、絶対にアルバムに入れたかった。何回も何回もやり直して、ようやくハマるラップができたんです。ちなみに“OMW”は「On My Way」(向かっている、の意味)の略。あいかわらずな俺らって感じの歌詞がすごい気に入ってます。確証のない未来を信じちゃってる俺のあやふやな感じが出まくってる(笑)。

 - WILYWNKAさんは未来に希望を持っているんですか?

WILYWNKA - いや、正直、最近はものすごく嫌な雰囲気を感じてるんですよ。俺は政治のこととかはよくわからないけど、何かが壊れていってる感じがする。でもね、俺はキッズたちに希望を持っていてほしいんです。「期待するな」みたいな人生訓はよく聞く。俺自身も過度に期待しすぎて失望したことも何度もある。けど、俺は期待しないと明るい未来はやってこないと思う。未来を作るのは俺らだから。俺らが諦めてちゃダメだと思う。全部俺たち次第なんですよ。だから、俺は俺らの未来は絶対に最高だと思ってるんです。

INFO

アーティスト:WILYWNKA (ウィリーウォンカ)
タイトル:PAUSE (ポーズ)
発売日:2019年9月20日(金)
形態:CD/ダウンロード/ストリーミング
収録曲数:15曲
レーベル:1%
商品番号:1PCT-1004

 

<トラックリスト>
01. Return Of The Rap (Prod. NOAH)
02. PAUSE (Prod. NOAH)
03. Good Morning feat. Young Coco (Prod. YMG)
04. 昼の6時 feat. 鋼田テフロン (Prod. BACHLOGIC)
05. 凌駕 (Prod. BACHLOGIC)
06. CIROC feat. 変態紳士クラブ (Prod. GeG)
07. 2020 (Prod. KM)
08. STAY feat. SIRUP (Prod. GeG)
09. Don't Look Back (Prod. GeG)
10. Why!? feat. Shurkn Pap (Prod. NOAH)
11. Lazy (Prod. MIGHTY MARS)
12. OMW (Prod. JJJ)
13. Represent feat. BADSAIKUSH (Prod. GREEN ASSASSIN DOLLAR)
14. Not So Bad (Prod. GeG)
15. Mayday (Prod. GeG)

2019年12月8日(日) Shibuya WWW X
OPEN/START 17:00/18:00
問い合わせ:チッタワークス 044-276-8841

2019年12月25日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN/START 18:00/19:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

2019年12月28日(土) 福岡DRUM Be-1
OPEN/START 18:00/19:00
問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159

2019年12月30日(月) 大阪なんばHatch
OPEN/START 17:00/18:00
問い合わせ:サウンドクリエーター 06‐6357‐4400

★チケットINFO
①CD封入最速先行(LINE/先着) 受付期間:9/20(金) 正午 〜 9/30(月)23:59
②オフィシャル先行(LINE/先着) 受付期間:10/4(金) 正午 〜 10/14(月)23:59
受付URL:https://ticket.line.me/sp/PAUSE2019
③イベンター先行及びプレイガイド先行に関しては、公演ごとに異なりますので各イベンターまでお問い合わせ下さい。
④一般発売 11/2(土)10:00〜

★料金
前売 ¥3,500-(消費税込み) 当日 ¥4,500-(消費税込み) オーダー別
※12/30 なんばHatch公演のみ 前売 ¥4,000-(消費税込み) / 当日 ¥5,000-(消費税込み) オーダー別

★注意事項
※入場時ドリンク代別途必要です。
※6歳以上有料、6歳未満は保護者同伴に限り入場無料。
※前売りチケットが完売の場合は当日チケットの販売はありません。

RELATED

BlackEyePatchとWHIMSY SOCKSのPOP UPが明日からOpening Ceremony Tokyoで開催 | 本日のオープニングパーティーにはWILYWNKAがライヴで登場

先日大阪のCOFLOでローンチしたBlackEyePatchとWHIMSY SOCKSのカプセルコレクション。明日からOpening Ceremony TokyoでPOP UPが開催される。

【インタビュー】JUNE | BTSのプロデューサーからシンガーソングライターへ

世界的にK-POPへの関心が高まったことで、K-POP以外の多様なジャンルの韓国アーティストたちも注目を浴びるようになった。その中にはK-POP的な感性を持ちつつも、同時にオリジナリティを発信するシンガーソングライターも多くいる。今回インタビューしたJUNE(ジュン)もその中の一人である。

【特集】DJ RYOW 『DREAMS AND NIGHTMARES』| DJ RYOWが選ぶ思い出の10曲

活動20周年を迎えたDJ RYOWが、自身にとって11枚目のアルバムとなる『DREAMS AND NIGHTMARES』をリリースした。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。