Tyler, The Creatorの楽曲“Radicals”のリリックを大学構内に書いた大学生が起訴される

デビューした当時は過激なリリックで知られ、その内容が社会問題にもなったTyler, The Creator。その初期の楽曲のリリックを巡って、またもやトラブルが起こってしまったようだ。

XXLによると今週火曜日、南アラバマ大学に通うJack Aaron Christensenという学生がTyler, The Creatorの1stアルバム『Goblin』収録曲“Radicals”のフックである「Kill people, burn shit, fuck school」というリリックを大学の図書館の大きなフリップに書いたところ、それが問題となり裁判にまで発展してしまった。

上述の事件は今年の9月11日頃に起こったもので、2001年の911テロの追悼が行われている中で問題のリリックを書いたという点が検察により追求されている。アメリカでは学校での無差別銃撃事件が頻発しているという現状もあるため、Tylerのリリックを校内に書くという行為がテロと関係するものだと見られてしまったようだ。Christensen本人はTylerのリリックを校内に書いた理由を明らかにしていない。南アラバマ大学では直近でSNSにテロの予告が書き込まれるという事件も起こっていたため、学校側も警戒せざるを得なかったのだろう。

“Radicals”の冒頭にはTylerによる「この曲はフィクションだ。俺を責めるな」という声が入っているため、同曲もテロや暴力を呼びかけるものではない。学校や普段の生活にフラストレーションを抱える若者にとって共感しやすいリリックであることは確かだが、あくまで冷静に作品として楽しむことが重要だと言える。

RELATED

Tyler, The CreatorがEminemからのディスを気にしていないと語る

昨年リリースされたEminemの最新アルバム『Kamikaze』。多くの若手ラッパーへのディスを盛り込んだ同作は大きな波紋を呼び、話題となった。そんな中、彼にディスされたラッパーの1人であるTyler,The CreatorがEminemのディスは気にしていないと語っている。

Tyler, The Creatorが自身がアメリカン航空の搭乗拒否リストに載っていると主張

これまでYGをはじめ、多くのラッパーといざこざを起こしてきたアメリカン航空がまたしてもラッパーと騒動を起こしている。今回は昨年、ニューアルバム『IGOR』をリリースし、その評価を決定づけたTyler,The Creatorだ。

Tyler, The CreatorがBillie Eilishに「コラボしたい」とラブコールを送る

1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』で全世界を席巻し、言わずと知れたスターとなったBillie Eilish。そんな彼女に対し、Tyler, The Creatorがラブコールを送ったことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。