息子を訴えたFrank Oceanの父親がTyler, the Creatorを「悪魔教崇拝者」と罵る

Frank Oceanが実の父親であるCalvin Cookeyから、OceanがTumblrに投稿したポストによって損害を被ったとして16億円に上る損害賠償請求を起こされている

昨年起こったオークランドのゲイクラブの銃乱射事件の後で、Oceanが自身のTumblrに投稿したポストの中で父親が昔トランスジェンダーのウェイトレスを「クソ変態」と呼んだと書いているが、父親はそんな事実はないと主張している。

Pitchfolkが父親による告訴状のコピーを入手したところによると、父親はOceanだけでなくOdd FutureのTyler, the Creatorをも批判しているという。

父親は告訴状の中で、Tylerを「悪魔教崇拝者」と痛烈な表現で罵り、Oceanを「詐欺師で、Appleとの契約を通じて巨額の富を得ることにしか興味がない」と批判を加えている。

Tylerが自身の同性愛嫌悪的な歌詞が原因でイギリスから入国禁止されているにもかかわらず、Oceanはなぜ自分だけでなくTylerを批判しないのかと父親は主張。

確かにTylerは2009年のアルバム『Goblin』で同性愛嫌悪的な歌詞を書いているものの、その後は自身のブランドから、同性愛を擁護する旨のTシャツなども販売しており、この父親の主張は根拠が弱いところがあるのではないだろうか。

現在裁判所は両者の和解に向けて動いているという。

 

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【レビュー】Tyler, The Creator 『Call Me If You Get Lost』|成功者としての顔と隠せない本心

ミックステープの王DJ Drama なんだ、このやかましい声は……。1曲目のイントロもしくは1曲目限定で、景気づけのためかと思いきや、Tyler, The Creatorによる最新作『Call Me If You Get Lost』を一聴し終えてみれば、結局1曲(とインタールード)以外の全収...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。