DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

先週金曜日、Kyle KuzmaやHassan Whitesideなどの指導を行ってきたシューティングコーチChris Matthewsが自身のTwitterでこうツイート。


Drakeがシュートを打っているところを真剣に見つめるChrisの写真とともに投稿されたこのツイートには「Drakeの集中力は、彼が世界で1番の手腕を持つ理由を俺に示してくれた。彼(Drake)は彼自身がキャリアを通してやってきた手法と同じ方法を、コートの上にも運んできたんだ。彼は約2時間の間、シュートの美学を学び続けていた。続けることが鍵なんだ」と綴られており、ChrisもDrakeの集中力に驚きを隠せなかったようだ。

実際、Drake自身のバスケットボールの腕前はシーンでも随一だが、昔からジャンプシュートは苦手だったようでYouTubeには彼がケンタッキー大学に在籍していた頃の映像が残っている。

最近はシュートの正確性が上がってきたようで、昨年の1月に公開されたこの動画では見事なジャンプシュートを決めている。

そして今回、さらに正確性を向上させようとNBAのシューティングコーチとともに練習を行っていることからもDrakeの本気度がうかがえる。楽曲制作に対しても、このような心持ちを持っているからこそ、彼は多くのヒットを生み出すことが出来るのだろう。何事においても飽くなき向上心を持つことは重要だと気づかされるニュースであった。

RELATED

Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。