Chance The RapperがNicki MinajとCardi Bのビーフについて語る

先日、家族との時間を過ごすためツアーを延期すると発表したばかりのChance The Rapper。そんな彼が今週木曜日、『Big Boy TV』のインタビューに登場。Nicki MinajとCardi B、それぞれについて語っている。

Nicki MinajとCardi Bといえば、昨年から今年の頭にかけて激しいビーフを繰り広げたことが記憶に新しいが、Chanceはまず2人のビーフについて「沢山のそういうビーフがこれまで生まれてきた。俺たちは過ごしているうちに、俺たちが気づく前にあらゆることが操作されているんだ。色んな情報とか、俺たちにその情報を伝える方法とかね。それで皆に提示されるのは、それぞれにとって好きな情報であり、受け入れてしまうように出来ている。だから沢山の人がどちらかを選ぶ必要を迫られるんだ。俺は彼女ら(NickiとCardi)に代わって話したくはないけど、彼女たちは少しばかりその構造の中に押し込まれてしまったんだと思う。全部が全部彼女たちの感情だったとは思わない」と、あくまでもNickiとCardiのビーフはメディアによって過剰に表現されたという考えを述べた。

その後、Chanceは両者を称賛している。「正直、彼女らは2人とも素晴らしいアーティストだ。これは紛れもない真実だよ。彼女たちの音楽が人々に届き、どれだけの影響を与えたと思う?それは信じられないほど素晴らしいものだ」と両者に賛辞を送った彼は、特にNickiのことを‘良い先輩’と表現しており、Kanye Westの楽曲“Ultralight Beam”のChanceのバースは、同じくKanyeの“Monster”のNickiのバースにインスパイアされたことを明かした。

また、ChanceはCardi Bの夫であるOffsetについても語っている。実は、彼はCardiとOffsetが婚約していることをニュースになる前から知っていたそう。Offsetからそのような話をされた後、ChanceはOffsetに影響され、今の妻にプロポーズすることを決めたとのこと。「間違いなくOffsetだね、、、多分、俺に大きなインスピレーションの1つを与えてくれた」とOffsetが自身の人生を変えてくれたとChanceは語っている。

さらに彼はコラボプロジェクト『Good Ass Job』のリリースが待たれるKanyeについて‘精神的な相談相手’と表現。「Yeは俺の精神に関する相談相手の1人だ。今、彼は聖書を読み、サンプルを作って、それらをゴスペルソングに仕上げているんだ」と話すChanceは続けて「去年、彼はしばらくシカゴに来ていて、その間いくつか一緒に作業したんだけど、アルバムにはならなかった」と付け加えた。これが『Good Ass Job』のことなのかは分からないが、まだリリースされていないことからも、その可能性が高いだろう。

インタビュー全編は下の動画で見ることが出来る。

RELATED

Kanye Westが全身を銀色に塗ってオペラに出演

ニューアルバム『JESUS IS KING』に続き、Sheck Wes主演のオペラ『Nebuchadnezzar』を上演したKanye West。そんな彼が第2弾となるオペラ『Mary』を先週末にマイアミで初演。その際、全身を銀色に塗って舞台に登場したことが話題となっている。

Kanye Westが『Mary』と題された新作オペラの上演をアナウンス

アルバム『JESUS IS KING』をリリースし、先日は『Nebuchadnezzar』と題されたオペラの上演も行ったKanye West。そんな彼が、矢継ぎ早に新作オペラの上演に向けて動き出しているようだ。

Kanye WestがNikeのスニーカーを履いているところを東京で激写される

Kanye Westといえば日本でも大人気のYeezy Boostをはじめ、現在はAdidasと密な関係を築いているのは衆知の通りだろう。最近ではもっぱら自身のブランドであるYeezyのシューズを着用している印象のKanyeだが、そんな彼が今回、Nikeのスニーカーを履いているところを東京で激写されてしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。