A.P.C.がBrain Deadとのコラボコレクションを発表

A.P.C.がKid Cudiなどと行ってきたコラボレーションプロジェクトINTERACTIONに、今季はBrain Deadが登場。レディース・メンズ両者のアイテムを発表した。

世界中から集まったアーティストやデザイナーのクリエイティブ集団として自らを定義するBrain Dead。「Brain Deadは人でもアイデアでもありません。個人の間の空間に存在するものです」という言葉は、A.P.C.のデザイナージャン・トゥイトゥにとって、Ramonesの楽曲"I wanna be sedated"を連想させる。

「古い世界が加速的かつ混沌としたまま衰退している状況において、単純に自分達の頭脳を信頼することをやめ、一時的に無我意識の思い通りにする方が良い場合もあります。私達の超自我は常に私達の無意識の邪魔をしており、これは良いことではありません。私達の精神には制約がかかっています。これに取り組み、一定のレベルまで、私達の無意識の欲求を表現させる必要があります。( かつてアルベール・カミュの父が言った、「人間は自身に足かせをはめる」という言葉を思い出して下さい。) Brain Dead のチームと初めて出会い、自由で揶揄に溢れたエスプリをもったアイテムに触れた時、私はこの言葉を思い出しました。だから、私の頭脳を家路に導いてくれてありがとう。ちょうど、ジョナサン・リッチマンが『Yes, take me home』と歌ったように。」

今回のINTERACTIONのテーマは、Brain Deadのロゴに新たな解釈をあたえるだけではなく、『Future Shock』と題した架空の映画の脚本と遊ぶことでもある。Spacyフーディは、イエローとグリーンで展開し、背中には映画のタイトルが大きめの文字でプリントされている。ホワイトのDusty Tシャツは、映画の架空ポスターが背中にプリント。Brain Deadは実際に脚本の一部を執筆し、それはCryptジーンズとImhotepブルゾンにプリントされている。

Info

展開店舗:
オンラインストアを含むすべてのコレクションショップ

発売日:
9/10 (火)

ブランド表記:
英) A.P.C. Brain Dead
カナ)アー・ペー・セー ブレインデッド

読者お問い合わせ先:
英)A.P.C. CUSTOMER SERVICE
カナ)アー・ペー・セー カスタマーサービス
東京都目黒区中目黒2-7-7 TEL: 03-3710-7033
ウェブサイト:WWW.APCJP.COM

RELATED

A.P.C.がKid Cudiとのコラボレーションアイテムを発表

A.P.C.が新たにA.P.C. INTERACTIONと呼ばれる新たな取り組みを発表、第一弾のコラボレーターとしてKid Cudiが選出された。

Carhartt WIPとBRAIN DEADによるコラボアイテム | BRAIN DEADクルーやShlohmo、D33Jなども出演するイベントも開催

Carhartt WIPとEd DavisとKyle NgによるBRAIN DEADの初となるコラボレーションが発売中だ。

BRAIN DEADのメンバーEd Davisが世界初個展をWAG Galleryで開催 | Carhartt WIPとのカプセルコレクションも販売

クリエイティブブランドBRAIN DEADをKyle Ngと共に率いる、オーストラリア出身のアーティストEd Davisが、4/6(金)~4/15(日)に原宿・WAG Galleryで世界初個展を開催する。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。