VISLA MAGAZINEとFNMNLのApple MusicのコラボプレイリストでLil'Yukichiによるプレイリストが公開

韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボプレイリストで、日本を代表するビートメイカーのLil'Yukichiによる「13歳から19歳の間に聴いて衝撃を受けた曲」が収録されたプレイリストが公開となった。

このプレイリストはFNMNLと関係の深いアーティストなどが選曲する企画「ZOOM BY FNMNL」のシリーズとして公開されたもので、Lil'Yukichiは「これらの曲を聴いて“なんだこれは!?”と頭を撃ち抜かれるような衝撃が走った曲だったりこれらの曲をきっかけにCDアルバムを買ったり借りたりしていました。歌詞的に過激で興奮したものだったりサウンド的にかっけえ!!と感じた曲で僕の作風にも少なからず影響を与えてくれた曲たちです」とコメントしている。

Info

VISLA/FNMNL Apple Music Playlist Page

Applemusic.com/VISLAFNMNL

 

related

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオへの対応を発表

Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオの導入と、ロスレスオーディオへの対応を発表した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。