Roland TR-808が国立科学博物館の 「重要科学技術史資料」に登録

Rolandが1980年に発売し、さまざまな音楽シーンに大きな影響をもたらしたリズムマシンTR-808が、国立科学博物館によって2019年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録された。

「重要科学技術史資料」は、国立科学博物館の産業技術史資料情報センターが日本国内の科学技術史において「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」や「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えたもの」に該当する資料を選定し、「重要科学技術史資料登録台帳」への登録を行う。2008年度から毎年登録が実施されており、「重要科学技術史資料」に電子楽器が登録されるのは今回が初めてとなる。

『TR-808』は重厚な低音、機械的でありながらも独特なグルーブ感、望み通りのリズム・パターンを作成できる自由度などが評価され、画期的なリズムマシンとして当時のミュージシャンやプロデューサーの音楽制作に大きな影響を与えた。また、1980年代以降に隆盛を極めたヒップホップやハウス、テクノから最新の音楽シーンに至るまで、多くのアーティストの支持を得ている。

「TR-08」(左、2017年発売)と「TR-8S」(2018年発売)

ローランドは現在TR-808発売当時の設計仕様書や実際の回路を徹底的に解析し、サウンドはもちろんアナログ回路特有の振る舞いまでを独自のデジタル技術で精密に再現しつつコンパクト化したRoland BoutiqueシリーズのTR-08や、TR-909、TR-707などの歴代ローランド・リズムマシンの音色と現在の音楽制作に必要な機能まで兼ね備えたAIRAシリーズのTR-8Sを発売し、幅広い層のアーティスト/クリエーターから高い評価を得ている。

「重要科学技術史資料」の登録証・記念楯授与式は、2019年9月10日(火)に国立科学博物館・日本館にて開催される。

INFO

・国立科学博物館プレスリリース・ページ

https://www.kahaku.go.jp/procedure/press/index.php

・国立科学博物館「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」ページ

http://sts.kahaku.go.jp/material/index.html

related

名機「TR-808」のプロジェクトリーダー菊本忠雄が日本の電子楽器史を語る書籍が発売決定

世界の音楽シーンを変えたドラムマシーン「TR-808」のプロジェクトリーダーとして知られる菊本忠雄。

音楽史を変えた名機Roland TR-808が40周年 | #808day に合わせ限定無料体験や特設ページも公開

ヒップホップやR&Bなどからテクノ、ハウスなどの誕生に大きな貢献を果たしたRoland社のリズムマシンTR-808が誕生から40周年を迎え、808dayである本日8/8から同社のHP上に特設ページが公開されている。

Rolandからスマートフォンでも使用可能な無料の音楽制作アプリ『Zenbeats』が配信リリース

Rolandが手軽にエレクトロニック・ミュージックをはじめとする音楽の制作を楽しめる無料アプリ『Zenbeats』を、昨日より配信開始した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。