New BalanceがENGINEERED GARMENTSとのコラボスニーカー・Tシャツを発売

New BalanceがNYを拠点とするブランドENGINEERED GARMENTSとのコラボスニーカーとTシャツのコレクションを9/7(土)に店舗限定で発売する。

ENGINEERED GARMENTSはニューヨークを拠点としたファッションブランドであり、古き良きアメリカのデザインを再解釈し、普遍的でありながらモダンに昇華された製品を生み出している。今回のコラボではアメリカ国内の自社工場で製造するM990v5をフィーチャー。

ブランドのフラッグシップモデルとENGINEERED GARMENTSのコラボレーションはスムース、スウェード、ヌバック、パイソンとクロコダイルの型押しという5種類のレザーをアッパーに左右非対称に配置。モノトーンカラーの中に素材の質感の違いやクラフトマンシップを感じさせる1足。

カラー:GG5(GRAY)、GB5(BLACK)、GN5(NAVY) サイズ:D/25.0-29.0cm 価格:本体価格 \32,000+税 

また、合わせて990のオリジナルが登場した1982年当時のブランドロゴを同色で配したTシャツのコレクションも登場する。

カラー:AG(アスレチックグレー)、BK(ブラック)、ECL(エクリプス) サイズ:M,L,XL 価格:本体価格 \9,200+税 

Info

■販売店
販売店、販売方法は以下の通りです。

ニューバランス六本木19:06 ※9月7日(土)より店頭にて販売
ニューバランス公式オンラインストア ※8月30日(金)より先行予約スタート
https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-eg

NEPENTHES系列各店 
SOUTH2 WEST8 (サウスツーウエストエイト) 
ENGINEERED GARMENTS (エンジニアードガーメンツ)
NEPENTHES TOKYO (ネペンテストーキョー)
NEPENTHES OSAKA (ネペンテスオオサカ)
NEPENTHES HAKATA (ネペンテスハカタ)
NEPENTHES ONLINE STORE (ネペンテスオンラインストア)
※9月7日(土)より店頭及びオンラインストアにて販売

ビームスプラス原宿
ビームスプラス有楽町
※ビームス公式サイトにて M990Eは9月3日(火)より抽選開始、Tシャツは9月7日(土)より店頭にて販売

■写真展、ポストカードプレゼント
コラボレーションを記念し、9月7日(土)よりENGINEERED GARMENTSにて写真展を実施します。また、一部取り扱い店舗にて、コラボレーションアイテムをご購入の方に先着でオリジナル写真のポストカードをプレゼントいたします。

写真展開催店舗
ENGINEERED GARMENTS (エンジニアードガーメンツ)
〒107-0062 東京都港区青山5-11-15

RELATED

New Balanceが三浦大知とコラボレートしてダンスシーンにフォーカスした新プロジェクトを始動

New Balanceが今年2月にブランドアンバサダーに就任した三浦大知とともに新プロジェクト『Runs in the Family』を始動した。

トランプ派と噂されたNew Balanceは差別に反対する声明をだすも、alt-right(オルトライト)のブロガーが「New Balanceはトランプ革命の公式シューズだ」と息巻く

大統領選挙後、New Balanceがトランプを支持していたという噂が流れ、市民から猛反発。New Balanceは差別に反対していると声明を出すも、オルトライトのブロガーが火に油を注ぐ。

WSJの記者が「New Balanceの重役がトランプ政権を支持している」という旨のツイート。それに市民が反応し、靴が燃やされるなどの騒動に発展。しかし真相は...

昨日Wall Street Journal紙のレポーターSara Germanoは、スニーカー・ブランドNew Balanceの重役が、オバマ政権からトランプ政権になってよかったと語ったという旨のツイートを行った。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。