QuavoがPopeyesのチキンサンドを一個1000ドルで転売

現在アメリカでは、人気フライドチキンチェーンPopeyesが新商品として発売したフライドチキンサンドが大流行している。

きっかけはPopeyesが公式Twitterでフライドチキンサンドの告知を行ったところ、同じく人気フライドチキンチェーンであるChick-fil-Aが「バンズとチキン、ピクルスはここがオリジナル」と対抗したこと。その争いにサグなTwitterで知られるWendy’sやShake-Shackなど様々なファストフードチェーンが参加し、結果#ChickenWars というハッシュタグが流行。Popeyesのフライドチキンサンドは売り切れが続出する事態となってしまったのだ。

その事態に対し、MigosのQuavoがまさかの行動を起こし話題を呼んでいる。XXLによると、QuavoはなんとPopeyesのフライドチキンサンドを自身の手で再販すると言いだしたのである。先週金曜日にQuavoはInstagramに一本の動画を投稿。そこで、大量に買い占めたPopeyesのフライドチキンサンドを見せながら「君たちがこれを探し求めてると聞いたよ。どこでも売り切れだってな。俺はこれを一個1000ドルで売ってやるよ。1000ドルだ」と言い放った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I G O T T H E M T H A N G S 🐔 1k A Sandwich

QuavoHunchoさん(@quavohuncho)がシェアした投稿 -

フライドチキンサンドが一個1000ドル(約10万円)とはあまりに法外な値段だが、コメント欄ではGunnaやSaweetieらも反応している。売り切れ続出の商品である上に一度Quavoの手に渡ったものであるという付加価値があれば、この悪質転売業者もびっくりの行為も許されてしまうのかもしれない。

もちろんQuavoも本気でチキンを1000ドルで販売しようとは考えていないはずだが、本当に彼が販売するチキンを買おうとする猛者は現れるのだろうか?

RELATED

Trippie ReddのXXXTentacion、Ski Mask The Slump God、Quavoをフィーチャーした新曲"GHOST BUSTERS"

XXXTentacionの衝撃の死から3日経った今日、ラッパーのTrippie ReddがXXXTentacionをフィーチャーした新曲“GHOST BUSTERS”を発表した。

MigosのQuavoがラスベガスのホテルで乱闘騒ぎを起こし暴行罪の容疑をかけられる

これまでも多くの騒ぎを起こしてきたMigosだが、滞在中のラスベガスのホテルでQuavoが、乱闘騒ぎを起こしてしまった。

MigosのQuavoが暴行されたと訴えていた宝石職人と和解

先日MigosのQuavoがグラミー賞授賞式のアフターパーティーで、宝石職人のEric The Jewelerと口論になり、暴行し3万ドルのジュエリーを奪ったと告発されていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。