Sweet Williamがブラジル音楽を取り入れた1年半ぶりとなる新作『Brown』を9月にリリース

ビートメーカー/プロデューサーの Sweet Williamが、9/4(水)に約1年半振りとなるソロ名義のEP『Brown』をリリースする。

自身の愛してやまないブラジル音楽をエッセンスに取り入れ制作された本作は、ミニマルなビートと絶妙に配置された「間」のセンス、随所に散りばめられたふくよかなサンプリングが、心地の良い響きを奏でる1枚。

作品にはkiki vivi lilyとJambo Lacquer、J.Lamotta すずめが参加。インストゥルメンタルが5曲、ボーカル曲が3曲で構成されていて、数々のプロデュースワークやリミックスへの参加、ダブルネームでの作品発表を経て、大きく進化を遂げた彼の新境地が見える仕上がりになっている。

また、本作のリリースに伴い、新しいアーティスト写真が公開。写真家・小林光大が撮り下ろした、淡く暖かなモノトーンが印象的な写真になっている。

Info

リリース日:9/4(水)
アーティスト:Sweet William
タイトル:Brown
CD販売価格:¥2,500(税込)

<収録内容>
01. Browny
02. Life's too short (feat. J.Lamott すずめ)
03. Moments in life
04. Soil
05. Jogo Os Carioca
06. Tempo de sonhar (feat. kiki vivi lily)
07. Horta
08. 休花 (feat. Jambo Lacquer)

■ URL

予約販売(8/25〜):iTunes Store
https://music.apple.com/us/album/1477450688?app=itunes

CD予約販売(8/25〜):ディスクユニオン
https://diskunion.net/clubh/ct/detail/1007970161

RELATED

【インタビュー】Sweet William『Brown』|自分の音楽には正直でありたい

Sweet WilliamがソロEP「Brown」を発表した。本作は知名度を高めた唾奇やJinmenusagiとのダブルネーム作品とはまた違うテイストの作品。ヒップホップをベースにしつつ、サンプリングをより自由に解釈したビートミュージックを思い起こさせる。今回FNMNLではEPの制作秘話に加えて、Sweet Williamの音楽と向き合う姿勢などについて話してもらった。

Sweet WilliamとJinmenusagiによるコラボ作『la blanka』のインストバージョンがリリース | "cheat"のミュージックビデオも公開

Sweet WilliamとJinmenusagiが昨年9月にリリースしたダブルネーム・アルバム『la blanka』のインストバージョンがデジタルリリースされた。

無人島・猿島で開催されている『Good Music Party』が後半5日間のラインナップが公開 | Sweet William & Jinmenusagi、DJ BORING、okadada、KMなども出演

横須賀の無人島・猿島で夏の10日間に開催されている『Good Music Party』の後半に開催される5パーティーのラインナップが発表となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。