Chance The RapperがTwitterに「お気に入りの楽曲リスト」を投稿

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしたChance The Rapper。そんな彼が昨夜、Twitterで自身のお気に入りの楽曲を大量に投稿し話題となっている。

Chanceは昨夜「これが俺のお気に入りの曲だよ:スレッドに続く」とツイートし、およそ40曲に及ぶアーティストと楽曲名を次々と投稿。

伝記映画『ロケットマン』も注目を集めるElton Johnの代表曲“Your Song”に始まり、Michael Jacksonの“Human Nature”、Princeの“Tangerine”、Ghost Town DJsの“My Boo”などのクラシックや、彼が最も大きな影響を受けた存在であるKanye Westの“We Don’t Care”などが挙げられている。

他にもTierra Whackの“Pet Cemetery”、Frank Oceanの“4 Tears”、Francis And The Lightsの“See Her Out”など同世代のアーティストの楽曲も挙げられている。

もちろん、Kanyeと並んでChanceのフェイバリットとして知られるLil Wayneの楽曲も含まれている。

いずれもChance The Rapperが影響を受けたと聴いて納得が行く楽曲たち。『The Big Day』とともにこれらの楽曲を聴けば、彼の音楽をさらに楽しむことが出来るかもしれない。

related

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。