【フォトレポート】Jazzy Sport POP UP SHOP @BEAMS T HARAJUKU

東京・原宿のBEAMS T HARAJUKUで、リアルミュージックとスポーツの融合をコンセプトに活動するJazzy SportのPOP UPが、6/14(金)から6/23(日)まで開催された。

このPOP UPではJazzy Sportと縁の深いアーティストやモデルによるオリジナルデザインのTシャツを展開。参加したのはDiaspora SkateboardsやDownNorthCampのSora。さらにはモデルのmiuやJazzy Sportに所属するBudamunkも今回だけのスペシャルデザインのTシャツを制作。またJazzy SportとBEAMS Tによる別注カラーのTシャツや、Jazzy Sportのオリジナルグッズも販売された。

写真:Cho Ongo

さらに会期中はフォトグラファーのCho OngoによるJazzy Sport周辺の様々なアーティストをフィーチャーした写真も展示、初日には16Flip、Budamunk、Daichi Yamamoto、WATTER、Tajima hal、Banri KobayashiといったJazzy Sportと親交の深い、スペシャルなDJ・MC陣が集結して、会場を盛り上げた。

Tajima hal
16Flip

WATTER
Daichi Yamamoto

会場は超満員。

 

ここからは、イベントを楽しむ人々をスナップでお届けする。

WATTER(トラックメイカー) / Toshi roll(自由業)

土岐ひろみ(スタイリスト) / DJ Quietstorm(不良)

井上 吉太郎(ホテルマン)

ともえ(編集アシスタント)

堤 紗智子(会社員)

Daichi Yamamoto

Karan

ISSUGI

BUDAMONK(ビートメイカー)

 

Info

BEAMS T HARAJUKU (東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F) TEL:03-3470-8601
http://www.beams.co.jp/

related

【ロングレポート】POP YOURS | 2022年日本のポップカルチャーはヒップホップ

株式会社スペースシャワーネットワーク主催のヒップホップフェス『POPYOURS』が千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで5月21日と22日に開催された。各日それぞれのヘッドライナーはPUNPEEとBAD HOP。2日間合わせて37組ものヒップホップアーティストが出演し、2日間合計で約16000人の観客を動員した。またYouTubeの生配信は合計で約18万人、視聴回数は78万回に達した。

BEAMS Tの20周年企画でAURALEE、JAZZY SPORT、MIN-NANO、WHIMSY SOCKSなど12組のブランドとコラボ|リリースイベントにはBudaMunkが登場

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tがで20周年を迎える。アニバーサリー企画第2弾として、BEAMS Tと所縁のある12組のブランドとのコラボレーションアイテムが発売となる。 AURALEE × BEAMS T Swea...

【フォトレポート】FNMNL Presents NEEDFUL THINGS powered by STORES

渋谷PARCO 2周年イベントの一環として開催されたFNMNLのフリーマーケット『NEEDFUL THINGS powered by STORES』が11/21(日)に無事開催された。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。