【フォトレポート】Jazzy Sport POP UP SHOP @BEAMS T HARAJUKU

東京・原宿のBEAMS T HARAJUKUで、リアルミュージックとスポーツの融合をコンセプトに活動するJazzy SportのPOP UPが、6/14(金)から6/23(日)まで開催された。

このPOP UPではJazzy Sportと縁の深いアーティストやモデルによるオリジナルデザインのTシャツを展開。参加したのはDiaspora SkateboardsやDownNorthCampのSora。さらにはモデルのmiuやJazzy Sportに所属するBudamunkも今回だけのスペシャルデザインのTシャツを制作。またJazzy SportとBEAMS Tによる別注カラーのTシャツや、Jazzy Sportのオリジナルグッズも販売された。

写真:Cho Ongo

さらに会期中はフォトグラファーのCho OngoによるJazzy Sport周辺の様々なアーティストをフィーチャーした写真も展示、初日には16Flip、Budamunk、Daichi Yamamoto、WATTER、Tajima hal、Banri KobayashiといったJazzy Sportと親交の深い、スペシャルなDJ・MC陣が集結して、会場を盛り上げた。

Tajima hal
16Flip

WATTER
Daichi Yamamoto

会場は超満員。

 

ここからは、イベントを楽しむ人々をスナップでお届けする。

WATTER(トラックメイカー) / Toshi roll(自由業)

土岐ひろみ(スタイリスト) / DJ Quietstorm(不良)

井上 吉太郎(ホテルマン)

ともえ(編集アシスタント)

堤 紗智子(会社員)

Daichi Yamamoto

Karan

ISSUGI

BUDAMONK(ビートメイカー)

 

Info

BEAMS T HARAJUKU (東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F) TEL:03-3470-8601
http://www.beams.co.jp/

RELATED

【イベントレポート】REAL Street Festival 2019

もはや夏の風物詩ともいえる音楽フェス。ここ日本では、毎年7月にFUJI ROCK FESTIVAL、8月にサマーソニックが開催されており、両イベントとも今年も多くの来場者で賑わった。世界に目を向けても、音楽フェスが好調だと言われて久しい。毎年4月に行われている世界最大規模の音楽フェス=Coachellaでは、2017年に史上初となる9桁の興収(114百万ドル)を記録したことがニュースとなった。他にも、ヒップホップのフェスとして、近年頭角を現してきているRolling Loud Festivalがあり、同イベントの日本上陸を心待ちにしている国内のヒップホップ・ファンも多いことだろう。

【フォトレポート】VaVa 『One Man LIVE - Welcome to VVORLD -』

8/11(日)にVaVaがアルバム『VVORLD』をリリース後に全国各地で行ってきた『Welcome to VVORLD Tour』の締めくくりとして、東京・渋谷のWWW Xで自身初のワンマンライヴを行った。

【ライヴレポート】SIRUP『FEEL GOOD TOUR 2019』 | バンドメンバー、YonYon、BIMらと迎えたツアーファイナル

アルバム『FEEL GOOD』をリリースしたSIRUPが初の全国ツアー『FEEL GOOD TOUR 2019』を6/28の地元・大阪からスタートさせ、その後名古屋、福岡、札幌、仙台、東京の6都市を巡回した。2デイズとなった東京公演の2日目でツアーファイナルは、7/18に東京・LIQUIDROOMで開催、ソールドアウトとなった公演の模様をレポートする。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。