FULL-BKが「コマンド、コントロール、パワー」をテーマにした19AWのLOOKを公開

DJ DARUMAがディレクションするFULL-BKが19AWシーズンのLOOKを公開した。

5年目を迎えるFULL-BKは、新たなタームへ向かうべく、”再起動”を意味する「コマンド、コントロール、パワー」を今季のテーマに。またブランドの背景であるダンスミュージックシーンも変換期を迎え、 4by4のグルーヴと共に新たな時代を創造していく。

さらに、GEORGE COX とのコラボレーションラバーソールやSKOLOCTとのコラボレーションアイテム、JOHN'S BY JOHNNYとのコラボレーションラインがシーズンプロダクトにラインナップされている。

related

ONKYOとFULL-BKによるスケルトンデザインのワイヤレスイヤフォンが登場

ONKYOとFULL-BKがコラボレーションで、90年代に一大ブームを巻き起こしたスケルトンデザインのワイヤレスイヤフォンを発表した。

バドワイザーのカルチャー支援プロジェクト『RE:CONNECT』で人気パーティ『EDGE HOUSE ONLINE』が開催

バドワイザーが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト『RE:CONNECT』。

NYのスケートブランドamとDJ DARUMA がディレクターを務めるFULL-BKのコラボカプセルコレクションが発表

Supremeのスケーターとして活躍したAkira MowattによるニューヨークのスケートブランドamとDJ DARUMAがディレクターを務めるブランドFULL-BKのコラボレーションカプセルコレクションが発表された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。