FULL-BKが「コマンド、コントロール、パワー」をテーマにした19AWのLOOKを公開

DJ DARUMAがディレクションするFULL-BKが19AWシーズンのLOOKを公開した。

5年目を迎えるFULL-BKは、新たなタームへ向かうべく、”再起動”を意味する「コマンド、コントロール、パワー」を今季のテーマに。またブランドの背景であるダンスミュージックシーンも変換期を迎え、 4by4のグルーヴと共に新たな時代を創造していく。

さらに、GEORGE COX とのコラボレーションラバーソールやSKOLOCTとのコラボレーションアイテム、JOHN'S BY JOHNNYとのコラボレーションラインがシーズンプロダクトにラインナップされている。

RELATED

『EDGE HOUSE』が23歳未満エントランスフリーのレイヴパーティーを渋谷VISIONにて開催| Licaxxx、HABANERO POSSEなどが登場

毎週土曜日に渋谷VISIONで開催されているEDGE HOUSEが、23歳未満エントランスフリーのレイヴパーティー『EDGE HOUSE流レイヴ・パーティ』を11/2(土)に開催する。

Diaspora skateboardsの2019AW LOOKが公開

GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといったドメスティックブランドとのコラボレーションでも注目を集め、東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsから2019AWのLOOKが公開となった。

『EDGE HOUSE』とBATMANがコラボレーション | FULL-BKによるコラボアイテムも発売

BATMANの誕生80年を祝したアニバーサリープロジェクトが、9/21(土)の『バットマンの日』に向けて始動している。東京では渋谷を中心に様々なコラボレーション企画が実施され、渋谷スクランブル交差点に面するMAGNET by SHIBUYA109でバッドシグナルが点灯する。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。