21 SavageがMetro Boominとのコラボ作『Savage Mode 2』をアナウンス

2016年にリリースされ、21 Savageが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなったMetro Boominとのコラボミックステープ『Savage Mode』。その続編となる『Savage Mode 2』が制作途中であることを21 savageがアナウンスした。

21 SavageはLAでのライブ最中にMCで「R.I.P.、Nipsey Hussle。俺たちは本当の戦士を失った」として今年4月に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleへの追悼を行なった後に「『Savage Mode 2』を作ってるぜ」と叫んでいる。観客からは大きな歓声が上がっており、リスナーが彼とMetro Boominのコンビによる新作をいかに待ち望んでいるかが分かる。

『Savage Mode 2』は2016年にもリリース予定であることがアナウンスされており、その時点で21 Savageは「2、30曲のストックがある」と制作の状況を語っていた。それから3年越しに改めて制作中であることが宣言されたわけだが、以前言及されていたストック曲に加え『Savage Mode 2』のために新たな楽曲をレコーディングしている、ということだろうか。

移民であったことが明らかになり、ICEによる不当な拘留を乗り越えアーティストとしても新たなステージに立った21 Savage。そんな彼がMetro Boominと組んだ新作とあらば、楽しみに待つほかなさそうだ。

related

21 Savageが新型コロナウイルスの影響を受けた若者向けに経済の教育プログラムを開始

以前は子供向けの教育プログラム『21 Savage Bank Account』を設立していた21 Savage。そんな彼が新たな試みとして、新型コロナウイルスのパンデミック下で経済的な打撃を受けた学生たちを支援する『Bank Account at Home』をアナウンスした。

21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。