Gunnaのライブにゲスト出演しようとしたLil Uzi Vertがセキュリティに一般人と勘違いされて止められる

高い楽曲のクオリティやラップスキル、特徴的なファッションや独特なキャラクターを持ち、シーンで1、2、を争う人気ラッパーであるLil Uzi Vert。しかし、その存在を知らなかったためトラブルを起こしてしまった人もいるようだ。

先週、フィンランドのヘルシンキで開催された音楽フェスにGunnaが出演。そこにツアーのためヨーロッパを訪れていたLil Uzi Vertがサプライズゲストとして登場しようとしたところ、なんとセキュリティに迷惑な一般人のファンと勘違いされた止められてしまったのである。

 

この投稿をInstagramで見る

 

They thought @liluzivert was a fan🤯

Loading... 🎶さん(@madboiali)がシェアした投稿 -

ステージに上がったLil Uzi Vertはすぐさま屈強なセキュリティの男二人に羽交い締めにされてしまう。しかし捕まっている男がLil Uzi Vertだと気付いたGunnaは驚いた表情で「おい、待てよ」と叫び、彼をすぐに引き剥がした。憮然とした様子のセキュリティとLil Uzi Vertの間で多少の口論が起こる横でGunnaは何事もなかったかのようにライブを再開し、Lil Uzi Vertも気を取り直したのか楽曲に合わせてキレのあるダンスを披露している。もちろん観客も大いに盛り上がり、平和な着地となった。

ラッパーのライブでステージに上がったファンがセキュリティに止められる事態は頻繁に発生しており、そのようなファンはセキュリティにタックルされたり投げられたりと痛い目に遭うのがお約束となっている。今回Lil Uzi Vertを止めたセキュリティはただ羽交い締めにするのみだったが、仮にLil Uzi Vertが投げられるなどの扱いを受けていればライブは取り返しのつかないことになっていただろう。

ライブのセキュリティをする人は様々な不測の事態に備えて、出演者に関係するアーティストも事前に調べておいた方が良いかもしれない。

RELATED

Lil Uzi Vertが自身のライヴ中にファンを掴んだセキュリティをなだめる

ラッパーのライヴにおいて、セキュリティは熱狂的なファンを制御するのに必要不可欠な存在だ。しかし、そのバランスというのは難しいものなのか、Lil Uzi Vertのライヴにて、彼がセキュリティをなだめるという出来事があった。

Lil Uzi Vertがとある大学生に学費90000ドル分を支払うことを約束

海外のアーティストはしばしば、自らの莫大な資産を公共の利益に役立てようとチャリティー活動に励むことがある。MVでフロリダの住民にお金を配る場面を撮影したDrakeや大学生のための奨学金を立ち上げたRihannaなどが有名だが、今回はLil Uzi Vertがたった一人の大学生を金銭面でサポートしたようだ。

Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲をストリーミングサービスにリークしていた人物がこれまでに6万ドル以上の収益を得ていたことが判明

以前、Playboi CartiとYung Nudyの未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyに違法アップロードされ、バイラルチャートで1位を獲得してしまうという出来事が起こった。他にもLil Uzi Vertの“Sanguine Paradise”が公式リリース前にリークされてしまうなど、ヒップホップシーンで音源のリークは大きな問題となっている。今回、Pitchforkからリークによってアーティストが受ける損害に迫った記事が公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。