F-LAGSTUF-FとLarry Clarkのコラボレーションアイテムが7/20に発売

“An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランド、F-LAGSTUF-Fと、アメリカのティーンネイジャーのリアルな姿を撮り続けているラリー・クラークのコラボアイテムが7/20(土)に発売が決定した。

代表的な映画監督作品『KIDS』『BULLY』のオフ写真や、1971に発行された『タルサ』の破滅的な内容など、痛いほどリアルなアメリカの都心と郊外のディテールが盛り込まれた写真集『PUNK PICASSO』が今回のコラボレーションの軸である。90年代に日本のティーンネイジャーに刺さった刃の様な切れ味を持つ作品をフラグスタフの観点からセレクトし洋服に配置しプリントされている。

フラグスタフのオリジナルスウィングトップ1型とオープンカラーシャツ2型、L/S Tシャツ2型、S/S Tシャツ6型 の計11型を展開。
STUDIOS神南店にて7/20(土)からPOP UPが開催される。

INFO

F-LAGSTUF-F
http://flagstuff.jp/

Larry Clark
http://larryclark.com/

RELATED

F-LAGSTUF-F 2020 SSのLOOKが公開

“An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランドF-LAGSTUF-Fの2020SSコレクションのLOOKが公開となった。 シーズンテーマは「Fictional」。架空の町をテーマに、実世界...

F-LAGSTUF-F × DRAGON BALL のコラボレーションアイテムが発売

「An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)」をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランドF-LAGSTUF-F。

F-LAGSTUF-F 19AW LOOKが公開|テーマは 「COSMIC JOURNEY」

“An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランド〈F-LAGSTUF-F〉の2019AWコレクションのLOOKが公開となった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。