Cardi Bのトレードマーク「Okurrr!」の商標登録申請が却下される

Kim Kardashianによる「Kimono」騒動を始め、商標登録を巡るトラブルが散見される今日この頃。そんな中、今年初めにCardi Bが行った自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」の商標登録申請が却下されてしまったようだ。

Complexの記事によると、アメリカ特許商標局は「Okurrr !」を「ありふれたものである」として商標登録の拒否を宣告したという。申請書には「商標の登録は拒否されました。なぜなら、それはごく普通の、よく知られ、広く認識された概念、または感情を単に伝えている一般的な用語、メッセージ、あるいは表現だからです」との回答が返ってきたそうで、「Okurrr!」が必ずしもCardi Bだけのものでなくもはや一般的な概念となっていることを理由とし、「“Okurrr”はドラッグコミュニティやセレブによって“OK”や“誰かが家に入ることを肯定する”表現として一般的に使用されている」と用法の解説まで行っている。

「Okurrr!」はCardi BだけでなくKardashian一家など多くのセレブによって用いられてきた表現であり、必ずしもCardi Bだけのものでは無いことが商標登録に失敗した最大の原因であることが分かる。しかし、今「Okurrr!」と聞けば多くの人がCardi Bを連想することは間違いなさそうだ。

Cardi Bが申請を行った際には「紙製品、特に紙コップやポスターのため」と、「Okurrr!」を自身のグッズにプリントすることを計画していることが明かされていたが、それらの商品は今後どうなってしまうのだろうか?

related

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。