Billie Eilishが「ポップシーンの顔」にはなりたくないと語る

GR8とのカプセルコレクションも発売したBillie EilishがVogue Australiaのインタビューでその急激な人気の上昇について胸の内を明かしている。

インタビューの中で、Billieはレーベルが自分を打ち出し過ぎている事について言及するとともに「賞賛や愛される事に対して感謝している一方で、それに対して無感覚になっている自分がいる」と、急激な人気の中で次第に新鮮な感覚が失われてしまっている事を明かした。そして、この熱狂がメディアによって拍車がかけられている事を指摘した。

また、「『ポップシーンの顔』とか『新しいポップガール』とかクソみたいな呼び名で私を呼ぶ人がいたのを覚えてる。なんでもかんでもラベリングしなきゃいけないってみんなが考えるのは本当に人類の謎。そんな事する必要ない。」と自分を型にはめて取り上げるメディアのやり方に疑問を投げかけている。

related

Billie Eilishによる映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌が公開

Billie Eilishが手がける映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌、"No Time To Die"が公開された。

Billie Eilishが曲の中でストーリーを語ることと嘘をつくことは違うと主張 | 多くのラッパーが嘘をついていると批判する

待望の来日公演も決定し、グラミー賞の主要4部門を独占したBillie Eilishが、Vogueのインタビューに登場している。

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。