Lil Pumpが「XXXTentacionは俺たちの世代の2Pacだ」と語る

昨年、銃撃によって若くして命を落とし、世界中の多くのファンに衝撃を与えたXXXTentacion。その死からちょうど一年が経過した先日、Lil Pumpが彼を悼む発言を行なっている。

今週水曜日に自身のInstagramを更新したLil Pumpは、車の中でXXXTentacionの“Revenge”を聴きながら涙を流す動画をアップロード。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#lilpump gets emotional listening to #xxxtentacion music

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

続けて、「XXXTentacionは俺たちの世代の2Pacだ、間違いない」と発言している。

ComplexによるとLil Pumpのこの発言は案の定賛否両論を呼んでいるようで、Twitterには「“XXXTentacionが俺たちの世代の2Pac”って、一体どの世代について話してるんだ?」「XXXTentacionを2pacと比べるな、リスペクトが足りていない」といった批判の声も寄せられているようだ。

以前はDame Dashが「XXXTentacionの死は2Pacのような影響を若い世代に与える」と語り彼の影響力を2Pacと比較していたほか、生前のXXXTentacion自身も「俺は2Pacよりも良いアーティストだから比較しないでくれ」と発言し話題を呼んでいた。

2Pacを現在のアーティストと比較する言説はしばしば議論の対象となるが、XXXTentacionに関してはその影響力がかつての2Pacと比肩するものだと言っても過言では無いだろう。もちろん二人は違う種類のアーティストである上その死の経緯も大きく異なるが、比較して語ってしまうファンたちの気持ちも理解に難くない。

今後、未来のアーティストがXXXTentacionと比較されて語られる時代は訪れるのだろうか?

RELATED

Lil Pumpが突如「俺はマイアミの王だ」と主張

Lil Pumpといえば「俺がいるからSoundCloudが存在している」や「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」などの大胆な発言や、ガソリンスタンドで煙草を吸うなどの過激な行動で連日世間を賑わせてきたイメージだが、ここ数ヶ月は鳴りを潜め、落ち着いたと思われていた。しかし、やはり彼は変わっていなかったようで、突如「俺はマイアミの王だ」と宣言をしている。

2020年の大統領選に向けた公式プレイリストにXXXTentacionを入れた大統領候補が批判を浴びる

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカでは選挙の候補者がそれぞれのキャンペーンプレイリストを発表することが一般的だが、その中にXXXTentacionの楽曲を入れた議員が批判を浴びてしまった。

Ski Mask The Slump Godがステージ上の鉄骨に登って故XXXTentacionの楽曲を歌う

昨年6月、20歳の若さで命を落としたXXXTentacion。生前の彼の盟友であったSki Mask The Slump Godが、ライブ中にまさかの方法で追悼を行ったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。