XXXTentacionが自身は2Pacより良いアーティストであり「比較しないでくれ」と語る

物議を醸し続けているXXXTentacionが、またもや話題となりそうな発言を行ってしまった。

XXXTentacionはDJ Akademiksと3時間に渡り公開インタビューを行い、その中で自身が様々な点において自身は2Pacよりも良いアーティストであると主張した。

リリシストやラッパーとしても2Pacより自身の方がいいアーティストであると主張したXXXは、「比較しないでくれ、頼むから」と述べている。

XXXは自身が2Pacを超えている点として「2Pacはおれが作ったみたいなロックを作れなかった、彼は作れなかったんだ。彼はダンサーで詩人でラッパーだった」と述べている。Akademiksが2Pacは革命的な存在だったと主張すると、XXXは「今もたくさん革命的な存在はいる。Joyner Lucasはどうなんだ。奴はめちゃくちゃ革命的だ」と反論。

さらにXXXはNotorious B.I.G.と2Pacという古典的な比較については、Notorious B.I.G.の方が良いと語り、「Biggieの方がリリシストとしてもラッパーとしても上だ」と語り、Biggieのリリックを歌っている。

RELATED

Notorious B.I.G.の名を冠したニューヨークの通りが6月に完成することが明らかに

今月の始め、ニューヨークのスタッテン島に「Wu-Tang Clan地区」が完成し話題を呼んだ。彼らに続き、同じくニューヨークのレジェンドであるNotorious B.I.G.の名を冠した通りが来月に完成することが明らかとなった。

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。