Red Bullが「Walkman」とTechnicsの「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像を公開

世界を変えたふたつの日本企業の製品、Sonyのポータブルカセットプレイヤー「Walkman」と、Technicsのターンテーブル「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像『Playing it Old School』が、YouTube及びRed Bull TVで公開された。

本作品は今から40年前、1979年に誕生したSonyのWalkmanとTechnicsのSL-1200が、
「世界にどのような衝撃を与えたのか?」、「若者のカルチャーにどんな変化をもたらしたか?」など、DJ/プロデューサーや開発者たち約40名のインタビューと貴重な映像の数々と共に、当時を振り返るドキュメンタリー映像となっている。

また日本製品の功績を称える内容だけでなく、「ヒップホップがどうやって生まれたのか?」、「世界中にどう広がったのか?」など、ふたつの日本製品が若者たちのカルチャーをネクストレベルに押し上げた歴史を知ることができる映像にも仕上がっている。

info
題 名:Red Bull presents Playing It Old School
時 間:44分
公 開:2019年6月17日
視 聴:レッドブルのYouTube及びRed Bull TVにて世界同時公開(視聴無料)
制 作:Red Bull
出 演:Alex Rosner, Bill Adler, Bobbito Garcia, Dan Pucciarelli,
DJ Azusa, DJ Chusha, DJ Herbert Holler, DJ Kentaro, DJ Krush,
DJ Maseo, DJ Mos, DJ Numark, DJ Quietstorm, DJ Spinna, Easy Mo Bee,
General Steele(Smif N Wessun), Grand Wizard Theodore, Hideo Hosoda,
Hiroshi Miura, Jasmine Solano, Joey Carvello, Junichi Matsuzaki,
Justin Strauss, Kyoichi Tsuzuki, Malik Yoba, Melo-X, Michael Bull,
Michael Wang, Nagao Tamagawa, Ralphie Dee, Seiko Ito, Shing02,
Shu Ueyama, Takanobu Kishi, Tomohiko Ozaki, Tony Touch, Toshio Ohya,
Tsuyoshi Abe, Yasunobu Uematsu, Yutaman

related

Red Bullによるオンライン成人式イベントにAwichが登場

Red Bullが新年にあたりレッドブル・エナジードリンクなどの価格を改定する。これを記念してこれからの社会を背負って立つ存在である新成人を応援するための「Red Bull 成人祭」を開催する。

Teyana Taylorのドキュメンタリー『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』が日本語字幕付きで無料公開

Kanye WestのレーベルG.O.O.D. Musicに所属し、シンガー、ダンサー、振付師、モデル、女優など様々な顔を持つTayana Taylor。彼女がRed Bull Music Festival New Yorkで披露したアイコニックなパフォーマンスの制作プロセスを追ったドキュメンタリー作品『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』を、レッドブルが無料公開している(日本語字幕付き)。

Red BullとCAPCOMが『ストリートファイター』をテーマにしたイベントを開催 | Knxwledge & MNDSGNや、5lack、Olive Oil、LISACHRISなども出演

Red BullとゲームメーカーのCAPCOMが、人気ゲーム『ストリートファイターV チャンピオンエディション』のリリースを記念したオールナイトのクラブイベントを東京と大阪で3月に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。