21 Savageが移民税関局に拘留されている人々に25000ドルを寄付

今年の2月に不法滞在の容疑で逮捕され、先日は自身の国籍についてからかってきたラッパーと口論を繰り広げた21 Savage。そんな彼が、自身と同じく移民税関局(ICE)に不当な逮捕を受けている人々をサポートすべく多額の寄付を行ったことが報じられている。

XXLの記事によると、21 Savageは先週金曜日にICEに国外退去を命じられた人々をサポートするNPO「Southern Poverty Law Cernter」に25000ドル(約270万円)の寄付を行ったことを発表。寄付金は拘禁されている移民の人々が弁護士を雇う費用として活用されるという。

プレスリリースには「21 Savageはこの寄付を公式に発表します。何故なら、ICEが移住者収容を21 Savageのような移民に対する武器として用いていることをアメリカ人は知っておく必要があるからです」と綴られており、彼が自身の経験や今回の寄付を通じて移民に対する扱いの実情を多くの人々に知ってもらうことを望んでいることが分かる。

Southern Poverty Law Cernterの代表は「南部や東部で拘留されている移民の中で、国外退去の訴訟に弁護士を雇うことが出来るのは6人に1人のみです。拘禁中の移民にとって弁護士を雇えるか否かは、そのまま家族との滞在と強制送還のどちらを取るかを意味します」と述べており、移民にとって弁護士がどれだけ重要な存在かを強調している。

本来移民たちによって構成され、移民を受け入れる「自由の国」であるはずだったアメリカ。移民にとって厳しい状況が続いているが、彼らのために立ち上がった21 Savageの行動を通じてアメリカに少しでも変化が訪れることを願うばかりだ。

RELATED

21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

21 Savageが経済についてのワークショップを開催し子供たちに100ドルをプレゼント

今月の初めに始動がアナウンスされた21 Savageの教育キャンペーン「21 savage Bank Account」。その第一回となるワークショップが先日アトランタにて開催された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。