2PacやEminem、50 Centなどのマスターレコードが2008年の火災により焼失していたことが判明

今から11年前の2008年6月、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス北部にあるUniversal Studios Hollywoodで大規模な火災が起こった。『Back to the Future』や『宇宙戦争』などで使われたセットをはじめ、ビデオテープや映画フィルムを収蔵する倉庫1棟が全焼するなどの被害に見舞われたUniversal Studios Hollywoodだが、実はこの火災により、多くの著名アーティストのマスターレコードが焼失していたことが明らかになった。

今週火曜日に発行されたThe New York Timesによると、Eminemや50 Cent、2Pacなどのマスターレコードが上記の火災に巻き込まれ、破壊されてしまったとのこと。もしこの報道が真実であれば、1999年にリリースされたEminemの名盤である『The Slim Shady LP』から2004年の『Encore』までの全ての彼のマスターレコードが永遠に失われたことになる。2Pacや50に関しても同様だ。

また、The New York Timesはこの火災により、50万個ものマスターレコードが失われたと伝えており、その中には先述の3人の他にもQuincy JonesやSting、R.E.M.、Janet Jackson、Eric B. and Rakim、Bobby Brown、Guns N' Roses、Mary J. Blige、Sonic Youth、Nine Inch Nails、Snoop Dogg、Nirvanaなど多くの著名アーティストのものも含まれているそう。

その一方、Universal Music Groupの担当者はVarietyの取材に対し、一連の報道には「多くの不正確な情報や誤解を招くような記述、矛盾および基本的な誤解」が含まれているとし、異議を唱えている。さらに同担当者はThe New York Timesの記事で多くのマスターレコードが‘破壊された’と言われていることについて「我々が近年リリースした何万ものバックカタログの存在を都合良く無視している」とし、あくまでもマスターレコードが焼失したことによる問題はないと主張した。

このように、現状ではThe New York Timesの主張とUniversal Music Groupの主張は真っ向から食い違っているわけだが、もし前者の主張が本当ならアメリカの音楽業界にとっては大きな損失となることは間違いない。続報が待たれる。

RELATED

デート中に売名目的で絡まれた50 Centが冷静に男を諭す

今月5日に50 Centが、ニュージャージー出身のNFL Dumeというラッパーに絡まれた動画を自身のInstagram上に投稿した。

2Pac生存説を声高に主張していたSuge Knightの息子が「2Pacはもう死んだ」と手のひらを返す

1996年に命を落としたヒップホップレジェンド2Pac。彼が生前所属していた伝説的レーベルDeath Row Recordsの主Suge Knightの息子が、昨年より2pacの生存を繰り返し主張し「新曲をレコーディングしている」と語っていたことを覚えているだろうか?今回、そんな彼があっさりと手のひらを返し、2Pacが既に死んでいることを認めている。

Suge Knightの息子がまたもや「2Pacがスタジオ入りしている」と主張│新曲をリリースするためにレーベル「NEW DEATH ROW」も立ち上げ

1996年に銃撃されて命を落としたにヒップホップレジェンド2 Pac。彼が生前所属したレーベルDeath Row RecordsのオーナーSuge Knightの息子は、昨年突如として「2 Pacはマレーシアで生きている」と主張し始めたことで話題となっていた。そんな彼が、なんと2 Pacをスタジオ入りさせて新曲のレコーディングを始めたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。