Murda Beatzがプロデューサーを目指す人にアドバイスを送る

Drakeの”Nice For What”を始め様々なヒット曲を手がけ、今や押しも押されぬ人気プロデューサーとなっているMurda Beatzが、Montrealityのインタビューの中で、未来のプロデューサーに向けてのアドバイスを送っている。

はじめにMurdaは「自分が何にサインするのか、よく気をつけろ。弁護士なしでサインするのはやめとけ。」と契約書に安易にサインするなと忠告した。また、「自分が何にサインしているか分かってないから、みんなキャリアや生活に対して混乱するんだ。金に飢えるのは程々にしとけ。保留にする事も時には大切だ。2万ドル(約200万円)の契約が待ち構えてるかもしれないし、来週にはヒット曲を手にする事ができるかもしれない。アーティスト面をしとけ。メールでビートを送ったりするな。自分自身の価値を忘れるな。」とプロデューサーが焦って契約するのは得策ではなく、自分を安売するべきではない説いた。

related

Murda Beatzが「Type Beat」を作っていたと明かす

Drakeの”Nice For What”を始め様々なヒット曲を手がけ、今や押しも押されぬ人気プロデューサーとなっているMurda Beatz。そんな彼が、自身のキャリアはYouTubeに「Type Beat」をアップロードするところから始まったと明かしている。

Murda Beatzが「ベテランは若手をリスペクトした方がいい」と語る

Smokepurppとのコラボ作やDrakeのニューシングル"Nice For What"などで辣腕をふるう24歳のプロデューサーMurda Beatz。

SmokepurppとMurda Beatzによるコラボ作『Bless Yo Trap』がリリース

注目ラッパーのSmokepurppがデビューアルバムの前にリリースすると語っていた、ビートメイカーのMurda Beatzとのコラボ作『Bless Yo Trap』がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。