Billie Eilishが全てのツアー会場に選挙の有権者登録が出来るブースを設置することを発表

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカだけでなく世界の情勢にも大きく関わるこの大事な選挙への意識を高めるべく、Billie Eilishが選挙への参加を呼びかけている。

Grammyが報じるところによると、Billie Eilishはコンサート会場に選挙の有権者登録を行うことが出来るNPO法人HeadCountと協力し、自身の全米ツアーの全会場に有権者登録を行うブースを設置することを発表したという。

HeadCountの事務局長であるAndy Bernsteinは、Billieについて「彼女は現在、世界で最も人気のある若いアーティストの一人です。さらに重要なのは、彼女が投票、そして民主主義について真に考えていることです。彼女自身は投票が可能な年齢ではないですが、カリフォルニア州の事前登録を行い、全世代のファンが社会に積極的に参加する市民になれることを教えています」と語り、彼女の積極的な社会参加への意志を絶賛している。

ライブ会場に設置されたブースでは、アメリカの選挙権が与えられる年齢である18歳未満のファンも有権者の事前登録を行うことが出来る。

以前はAriana GrandeもBillie Eilishと同じくHeadCountと協力して同様の試みを行っていたが、若い世代のアーティストが政治への積極的な参加を呼びかけることで投票率が上がれば、これから先の未来もまた変わってくるかもしれない。

ここ日本でも参院選が近づいてきているが、Billie Eilishを聴きながら投票に行ってみてはいかがだろうか?投票日は7月21日となる見通しだ。

related

Billie Eilishのドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』がApple TV+で来年2月に世界公開

Billie Eilishの素顔を追うAppleオリジナルドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』が、Apple TV+にて2021年2月26日に世界公開される。

Billie EilishとFINNEASがTiny Desk Concertの家バージョンに登場 | 本物そっくりのセットをつくりあげる

Billie Eilishが兄のFINNEAS と共に人気シリーズTiny Desk Concertのホームライブバージョンに登場した。

Billie Eilishの来日公演が開催延期に

9/2(水)に開催を予定していたBillie Eilishの来日公演が開催延期となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。