タイの異能のヒップホップアーティストJuu & G. JeeがYoung-Gが制作を主導したフルアルバムをリリース

2017年よりstillichimiyaのYoung-Gの主導の元で、タイのヒップホップアーティストJuuが制作していた初のフルアルバム『ニュー・ルークトゥン』が7月27日にEM Recordsからリリースされることになった。

スケーター、元暴走族、音楽プロューサーと様々な経歴を持ち合わせるJuuは、レゲエ・バンド4E RASTAFARIの一員としてタイの地下シーンで活動。現在はイサーン地方の都市コンケーンに移住し、スタジオを運営。自然に囲まれた環境でイサーンの若者と共に曲を制作し、最先端のトラップからダブ、そしてタイの伝統音楽を取り入れ、バンコクのヒップホップ勢と一線を画す独特の世界観を築き上げている。またJUUが見出した18歳の天才女性ラッパーG. Jeeもクルーとして共に活動。数少ない本格派タイ人女性ラッパーとして存在感を示している。

Juu

そ本作『ニュー・ルークトゥン』は、stillichimiyaやOMKのYoung-Gがリードで共同制作を始め、およそ2年がかりで完成したJuu初のフル・アルバムとなる作品だ。大半のトラックがYoung-Gの手になるもので、このサウンドがまたOMKのアティテュードを反映している。さらにタイトルの『ニュー・ルークトゥン』が示す通り、本作は死滅しかけていたタイの歌謡ジャンル、ルークトゥンを最新のヒップホップを取り入れ発展させたもの。このルークトゥンという音楽は、ヒップホップ同様に過去のクラシックを何度もサンプリングし、リリックを重要とする音楽でもある。またルークトゥンとヒップホップに共通するマナーを完全に矛盾なく消化しきったのが本作の特徴だ。

また収録曲の多くは彼の弟子のG. Jee(G.ジェー)によるタイ日英語を交ぜたツイン・ヴォーカルで歌われる。アルバムは鎮座DOPENESSとMMM(スティルイチミヤ)をフィーチャーした"深夜0時、僕は2回火を付ける"で始まり、スリン・パークシリがプロデュースしたカワオ・シアントーンのガンジャ・チューン名曲「Bong Ganja」をサンプリングしてアーバン・メローに仕立てた"ラ・エイ・ラ"やstillichimiyaが勢揃いしパス・ザ・マイクで盛り上げる楽曲などを収録し、怒涛の40分間となっている。

JuuとYoung-G
G. Jee

最新のヒップホップと最新のルークトゥンを掛け合わせた、タイヒップホップ界最高の”マスター・ポエット”としてリスペクトされるJuuを体感できる作品をぜひチェックしてみてほしい。

info

アーティスト名:Juu & G. Jee(ジュウ&G・ジェー)
アルバム題名:New Luk Thung
フォーマット:CD/12″ LP/Digital
制作発売元:エム・レコード (EM Records) http://emrecords.net/
カタログ番号:EM1186CD/LP/DL

01. 深夜0時、僕は2回火を付ける
02. かわいいキミ
03. ラ・エイ・ラ
04. She Ley~田舎でのんびり
05. 隣人
06. Yum Klom Thung~ハナとボクの道
07. ソムタム侍
08. Give Me The Way
09. 水牛に乗るエイリアン
10. OMKのテーマ
Arranged, mixed and produced by Juu & Young-G (stillichimiya/OMK)
Khaen on “Alien on a Water Buffalo” by Ayumu Ushida
Percussions on “Niang” and “She Ley” by Kawa a.k.a Cosmo Echo
Mastered by Takuto Kuratani (Ruv Bytes)
Cover art by Shinsuke Takagi (Soi48)
Photographs by Hidetoshi Narita
Special thanks: Shota Kinpalla, Nikki-san、JONE500, Surin Phaksiri
Japanese translation: Kaori Marui
English translation: Matthew Lane
(c) (p) 2019 EM Records

仕様
CD版:通常ジュエルケース/20ページブック封入/日本語・英語訳詞/解説掲載。
LP版:Dubplates & Masteringでカッティングしたクオリティー・スタンパー使用/日本語・英語訳詞/解説掲載のインサート封入。
Digital版:BandcampとSportifyで配信。
アルバム解説:Soi48

発売日
7月27日(スイカの日)
全フォーマット一斉同時発売予定(※LP版が遅れる可能性がございます)

RELATED

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Young-G

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!

TAMTAMがFNCYとYOUNG-Gを迎えて自主企画イベント『FINEVIEW Vol.2 』を開催

TAMTAMの2019年は『FUJIROCK FESTIVAL’19』にも出演し、ボーカルのKuroがソロアルバムをリリースするなど熱量の高い活動をしてきた。そんな今年の締めくくりに久しぶりの自主企画『FINEVIEW Vol.2』を12/20(金)に東京・代官山UNITで開催する。

OMKクルーとJuu & G. Jeeによる日韓共同のツアーが開催

7月にEM RecordsからリリースされたJuu & G.Jeeによるアルバム『ニュー・ルークトゥン』の発売を記念し、OMKクルーとともに日韓共同でリリースツアーを開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。