故FEBB AS YOUNG MASONのオフィシャルフォトTシャツがリリース

ラッパー、プロデューサー、DJとして0代後半から東京のヒップホップシーンで活躍し、昨年2月にこの世を去ったFEBB AS YOUNG MASONのオフィシャルフォトTシャツがSABRE、WDsounds、FALSE CRACKの連名でリリースされる。

今回使用された写真は、2013年にFEBBがSABREのモデルを務めたときのもの。あまり世に出回っていない写真で、ファンならずとも要注目のアイテムとなっている。

Tシャツの詳細についてはこちらをチェックしてほしい。

related

FEBBの没後3年となる命日に3曲がリリース

2018年の2/15に急逝したFEBBの3回目の命日となる本日、未発表曲を含む3曲がリリースされた。

故FEBBの“SKINNY”が未発表だったオリジナルバージョンでリリース

故FEBBによる楽曲で、先にリミックスバージョンがリリースされていた“SKINNY”のオリジナルが本日11/20(金)にリリースされた。

ヒップホップクルーLSBOYZの1stアルバム『LSBOYZ』が12月にリリース|故febbや、FITZ AMBRO$E、DJ SCRATCH NICE、Altoなどがトラックを提供

東京地下最深部で暗躍するヒップホップクルーLSBOYZ が、1stアルバム『LSBOYZ』を12月2日(水)にリリースする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。