ロンドンを拠点に活動するToruが東京、大阪で開催される『Joyride』、『Acid Punch 2』に登場

96年代中頃から現在に至るまで、ロンドンを拠点に活動するToruが新宿Openで開催される『Joyride』、大阪のBar Cauliflowerで開催する『Acid Punch 2』に出演する。

単身でロンドンに渡り、ロンドンのレコードショップVinyl Junkiesで約20年間勤務していToruは、2000年代のロンドンを支えてきたPlastic Peopleでレジデントパーティーを経験。現在では、The Trilogy TapesのボスWill BankheadやPalaceのスケーターのRoly Miranesと共に『Ditch Party』を主催している。

今年も行われるジャパンツアーでは、新宿Openを拠点に開催されるLil Mofo、CHANGSIE、ELM S、OG from Militant Bがレジデントを務める『Joyride』、大阪はBar CauliflowerにてAspara、EM Records主催のKoki Emura、Torei、Riddim Chango RecordsのHiroshiが出演する『Acid Punch 2』でプレイする。

また『Acid Punch 2』のフライヤーを担当したWill BankheadのデザインTシャツが会場で限定発売される。

info

Joyride

2019.5.31(Fri)
at Club Open
10PM ¥1,500

Toru
OG
ELM S
Changsie

 

Acid Punch 2

2019.6.1(SAT)
@ Bar Cauliflower (Osaka, Japan)
23:00 - Door ¥1500
Line up:Toru,Koki Emura (EM Records),Aspara,Torei,Hiroshi
Shop:Oasis2

RELATED

DISCWOMANのミックスシリーズにChangsieが登場

ジェンダーの問題を提起しながら女性やLGBTのアーティストをサポートする、ニューヨーク拠点のプラットフォムDISCWOMANから、東京を拠点に活動するChangsieのミックスが公開された。

Black Smoker RecordsからCHANGSIEのミックスCD『THE FURY』が発売

東京を拠点に、新宿Openで開催される「Joyride」、Asparaとのタイマンパーティ「HARDER」を主催するCHANGSIEが、Black Smoker RecordsからミックスCD『THE FURY』をリリースする。

上海ALLと東京WWWβによる交換プログラム『上東』の第5弾が開催決定

アジアのオルタナティブなダンス・ミュージックの連帯と意識を高め、独自のローカル・カルチャーを形成すべく、上海のクラブALLと東京のクラブWWWβによって発足された交換プログラム『上東』の第5弾が、両所で5月と6月に開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。