OZworld a.k.a. R’kumaのデビューアルバムから"Peter Son feat.Maria & yvyv"のミュージックビデオが公開

これまでに「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」や「フリースタイルダンジョン」、「SMASH HIT 」など、デビュー前から様々な人気番組やイベントでその実力を発揮してきたOZworld a.k.a. R’kumahが、6月9日(日)のデビューアルバム『OZWORLD』から"Peter Son feat.Maria & yvyv"のミュージックビデオを公開した。

iTunes HIP HOP/RAPチャートにて2位を記録した第1弾先行配信シングル"あさがたのミートパスタ教"に続き、第2弾の配信シングルとなる"Peter Son feat.Maria & yvyv"は、あいみょんや清水翔太、山下智久などの作品を手がける新保拓人が務めたもの。

本楽曲は、「永遠に歳をとらないピーターパンのように、いつまでも子供の気持ちを持って楽しく生きよう、それは決して夢物語ではなく、大人になって身についてしまった常識を取っ払えば誰もがネバーランドに行けるんだ」と言う、あの名作の主人公をモチーフに、OZWORLDのさらに奥深くまで誘う一曲となっている。

フィーチャリングアーティストとして、現在はBleecker Chromeのメンバーとして活動するMaria、yvyvが参加。弱冠20歳ながら本格派の存在感を放ち、本場さながらの心地良い2人の歌声がより楽曲の良さを引き立たせている。

また都内某所にてアルバム『OZWORLD』のリスニング・パーティを開催。OZworldのライブDJを務めるDJ Lu-Qによる、アルバム『OZWORLD』収録曲を中心としたミックスをはじめ、DJ HAZIME、DJ JAMもDJプレイを披露し『OZWORLD』の世界観を再現する。

 

info

日時:6/6(木) 18:00〜21:00
場所:都内某所(渋谷)
出演:OZworld a.k.a. R'kuma、DJ Lu-Q、DJ HAZIME、DJ JAM
*当日OZworld a.k.a. R'kuma のライブはございません
<応募方法>
① Twitter で、オフィシャルスタッフアカウント@OZworld_staff をフォロー。
② 上記アカウントからのイベント応募方法についての投稿をリツイート。
③ 投稿に返信する形で、アルバム“OZWORLD”を購入、もしくは予約した事が分かる写真を
お送りください。(CD/配信どちらでも可)
応募者の中から抽選で20 名の方をご招待します。
*当選した方のみにDM にて、詳細をお知らせします。
*応募期限は6/5(水)正午12:00 までとします。
*6/6(木)のイベント開催時に渋谷に来られる方に限ります。
*入場は無料です。(会場内フリードリンク、軽食あり)
*会場までの交通費、宿泊費等かかる費用はご自身でご負担ください。
*当日はアーティストの方が多数来場されますので、会場での撮影は禁止とさせて頂きます。

related

MARIA、MFS、妖艶金魚の3組がWWWの新シリーズ『MA$$IVE LINE』に登場

渋谷 WWWで9/7(水)に新シリーズ『MA$$IVE LINE』がスタートする。

OZworldによるXRライブがライブプロジェクト「ReVers3:x」の第二回として公開

3月にKEIJUのライブパフォーマンスを公開した仮想空間上でのライブプロジェクト「ReVers3:x」(リバースクロス)の第2回としてOZworldのXRライブが公開された。

XLARGE RECORDSがOZworldを招いたセカンドシングル“JINSEI (feat. OZworld)”を発表

XLARGEが10月よりレコードレーベル「XLARGE RECORDS」を始動。SANTAWORLDVIEWを客演に迎えた1stシングル“WALKING STREET”に続き、2ndシングルとして、OZworldを客演に迎えた“JINSEI”が11月17日(水)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。