Notorious B.I.G.の名を冠したニューヨークの通りが6月に完成することが明らかに

今月の始め、ニューヨークのスタッテン島に「Wu-Tang Clan地区」が完成し話題を呼んだ。彼らに続き、同じくニューヨークのレジェンドであるNotorious B.I.G.の名を冠した通りが来月に完成することが明らかとなった。

Billboardが報じるところによると、Notorious B.I.G.の故郷であるブルックリンの交差点を彼にちなんだ名前に改名し、6月10日に記念式典を行うことがChristopher Wallece記念財団によって発表されたという。改名されるのはFulton StreetとGates Avenueの間にある交差点で、式典にはNotorious B.I.G.の遺族数名が出席予定とのこと。

計画を主導していたLeRoy McCartneyはRolling Stoneの取材に対し「Biggieの名誉を讃えることは一人の人物を象徴するにとどまりません。カルチャー、街、人々、世界のヒップホップを象徴しているのです」と、ラッパーの名を冠した地区や通りを作ることの意義を語っている。

「Wu-Tang Clan地区」と同じく、古くからヒップホップに何らかの形で関わってきた人々を勇気づけるだろうこの計画。「Notorious B.I.G.通り」の完成が今から楽しみである。

related

WACKO MARIAとTHE NOTORIOUS B.I.Gのコラボアイテムが発売

WACKO MARIAが伝説的なラッパーTHE NOTORIOUS B.I.Gとのコラボアイテムを5/29(土)に発売する。

The Notorious B.I.G.の人生とキャリアを追うドキュメンタリー『Biggie: I Got a Story to Tell』の予告編が公開

今から24年前、銃撃によって命を落としたニューヨークのレジェンドThe Notorious B.I.G.。彼の死の真相に迫るNetflixのオリジナルドキュメンタリーシリーズ『Biggie: I Got a Story to Tell』のトレイラーが公開されている。

Notorious B.I.G.が2020年のロックの殿堂にノミネート

ロックンロールに大きな影響や功績を残したアーティストやプロデューサーなどの記録が展示されているアメリカはオハイオ州にあるロックの殿堂。毎年、様々なアーティストが選ばれるが、来年のロックの殿堂にNotorious B.I.G.がノミネートされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。