Megan Thee Stallionが現在のヒップホップシーンを「もうみんなラップしてないの?」と批判

先週デビューアルバム『Fever』をリリースしたヒューストン出身の新鋭ラッパーMegan Thee Stallion。彼女がインタビューで、メインストリームのヒップホップやシーンのジェンダーバランスについて語っている。

Faderのカバーストーリーに登場した彼女は、現在のヒップホップシーンを「とても好きだった物が今みたいな物に変わって、本当に頭が痛い。もう、みんなラップしてないの?」とかなり痛烈に批判。さらに「女性でいると、男性よりハードな批判にされる。もし私がLil Uzi VertやPlayboi Cartiみたいな小声の雑音を出してたら、みんな好きじゃなかったと思う。彼らがハードじゃないって言いたい訳じゃないけど」と、ヒップホップシーンにおいてフィメールラッパーが批判に晒されやすい状況についても指摘し、Lil uzi VertやPlayboi Cartiが得意とするラップのスタイルも切り捨てている。彼女自身も「ある日私がパーティにいると、男たちがフリースタイルをしていたの。私が近づいて“ラップ出来るよ”って言ったら、“お前には出来ない”って言われた。でも何小節かラップしてやったらみんな驚いて、それで学校中にラッパーとして名前が知れ渡ったんだよ」と、女性であるという理由で偏見を受けた経験を明かした。

Geniusによると彼女のフェイバリットはNotorious B.I.G.、UGK、Three 6 Mafiaと90年代から活動していたハードなラッパーたちで、『Fever』に収録された“Simon Says”ではJuicy Jとのコラボも行なっている。そのようなラッパーたちを好きになったきっかけは母親の部屋にあったDVDのコレクションを幼少期から見ていたことで、母親もかなりのヒップホップヘッズだったようだ。

サウスの系譜を受け継ぎ、ハードなラップスタイルで人気を獲得し始めているMegan Thee Stallion。彼女のインタビューの全文はこちらから読むことが出来る。

related

Megan Thee Stallionがグラミー賞の問題を巡り「私たちはThe Weekndが大好き」と語る

昨日行われた2021年グラミー賞の授賞式。Billie Eilishの連覇やMegan Thee Stallionの最優秀新人賞受賞など、その結果もさることながら、昨年最大のヒット作となったThe Weekndの『After Hours』が一切ノミネートされなかったことから彼が受賞式をボイコットしたことが大きな話題を呼んでいた。そんな波乱続きのグラミーだが、今回、Megan Thee StallionがThe Weekndについて語ったコメントが報じられている。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

Calvin Kleinの春のキャンペーンにMegan Thee Stallion、Koffee、Rina Sawayama、Sage Elsesserなどが登場

Calvin Kleinがジーンズとアンダーウェアの春のグローバルキャンペーン『Blank Canvas』を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。