Virgil Ablohがインタビューで「ファッションデザイナーとしての立ち位置に最初は悩んでいた」と語る

Kanye Westのクリエイティブディレクターとしての仕事やブランド『Off-White』のデザイナーとして広く知られ、昨年にはLouis Vuittonのメンズウェアデザイナーに就任したことでファッションシーンのトップに立ったVirgil Abloh。そんな彼が、インタビューで自身のデザイナーとしての立ち位置について語っている。

Vogueのインタビューに登場したVirgil Ablohは、「あの時はマルタン・マルジェラと川久保玲だけが正しいと思っていた。そして、俺はそのどちらでもないことに苦しんでいたんだ。ファッションデザイナーとして、俺は丸い穴に打ち込まれた四角い釘のような存在だったんだよ。ディナーパーティーのときに汚い部屋を急いで片付けるような。全て準備が出来ているけど、バスルームに行くとなぜかシリアルの箱が転がっているようなね」と、始めた当初にファッションデザイナーとしてのポジションと手法を模索していたことを独特な表現で明かしている。

続けて、自身に寄せられる「他人の作品を盗用している」との批判に対しては「時代遅れの概念」と一蹴し、「ゼロから全てを作るためのデザインの方法は別の時代から来るものなんだ。俺にとって、デザインは語るに値するストーリーを見つけることだ。文化は、これまで一度も紙に書かれたことが無いアイデアから生まれるものじゃないと俺は信じてる。俺の目的は物事を強調することで、それがコラボを沢山する理由だし、多くのリファレンスを持つ理由、俺の体を働かせる理由だ」として自身のデザイン論を語っている。

ヒップホップにも通ずるコンテンポラリーなアプローチでデザインを行うVirgil Abloh。ファッションシーンでは異質な存在であった彼が現在の地位を確率するまでに経た道筋や苦悩は、様々なアートに取り組んでいる人々に勇気を与えるに違いない。Vogueによるインタビューの全編はこちらから読むことが出来る。

related

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Virgil AblohがデザインしたPop Smokeのアルバムのアートワークが不評を買い変更か

今年2月に銃撃によって命を落としたPop Smoke。彼のデビューアルバムにして最後のアルバムとなる作品が今月リリースされるとアナウンスされていたが、今回、Virgil Ablohが手掛けた同作のアートワークが物議を醸している。

Virgil AblohがTyler, The Creatorのグラミー賞に対するコメントについて「全く同じ感情だ」と同意を示す

2020年グラミー賞にて最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。受賞後のインタビューにて自身の音楽を「ラップ」や「アーバン」というジャンルのみにカテゴライズされることへの不満を語り話題を呼んだ彼だが、そんな彼にOff-WhiteのデザインやLouis Vuittonのメンズウェアを手がけるVirgil Ablohが賛同の意を表明している。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。