Meek Millが自身のInstagramアカウントを削除

多くの現代人にとってSNS、特にInstagramは無くてはならないものになっていると言えるだろう。しかし、その一方で他人の幸せな瞬間が逐一画面上に映し出されるのに疲弊感を覚える人が多いのも事実だ。Meek Millもその疲弊感を覚える内の1人のようで、ついに自身のInstagramアカウントを削除してしまった。

これまで、MeekとSNSは切っても切り離せない関係にあった。ここ数年のヒップホップシーンを代表するトピックの1つであるDrakeとの苛烈なビーフも元をたどればSNSが発端だった一方で、彼は昨年、釈放されてからというもの自身とファンを繋ぐ場としてSNSを利用してきた。しかし、先週土曜日、Meekは突如として自身のInstagramアカウントを削除してしまった。

ファン達が疑問に感じる中、彼は日曜日、自身のTwitterにてこのようにツイート。


「ソーシャルメディアなんて必要ない、リアルな人生のみを歩むんだ!」と彼は意気込んでいるが、「ソーシャルメディアなんて必要ない」とTwitterで呟いている時点でなんとも皮肉な感が否めない。

その後、Meekはファン達にInstagramを削除した理由をこのように説明している。


彼は「俺は今、リアルな生活を送るバイブスに満ちあふれてるんだよ(笑)俺はもう嘘や誇張を見るのに疲れたんだよ」と他人の日常を覗くことに疲弊感を覚えてしまったようだ。

結局、MeekがInstagramアカウントを削除した決定的な理由は不明のままだが、上記のツイートから考えると気分的なものだと思われる。いずれにせよ、彼はTwitterは続けるようなので、ファン達は一安心というところだろう。

RELATED

Meek Millの長きにわたる裁判がついに終結

今週火曜、Meek Millの12年にもわたった長き裁判がついに終結した。最終的に彼は銃器の違法所持での有罪判決は受けたものの、それ以外の彼に対する容疑は取り下げられることとなった。2007年の最初の逮捕以来、ようやく彼は完全な自由を手にしたというわけだ。

Meek Millの息子がクラブでフリースタイルを披露

昨年の11月にアルバム『Championships』をリリースし、現在は新作の制作をじっくりと進めているというMeek Mill。そんな彼は息子を持つ父親でもあるが、彼の息子について微笑ましいニュースが飛び込んできた。

Meek Millが新作の制作に関して急がずにじっくりと時間をかけると宣言

昨年の11月にアルバム『Championships』をリリースしたMeek Millが、次のアルバム制作に向けてじっくりと時間を取る事を発表した。そこには彼なりの思惑があるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。