Kid Cudiがホームレスに10000ドル相当のフライドチキンセットをプレゼント

先日のCoachella 2019に出演し、Kanye Westとのパフォーマンスも話題となったKid Cudi。そんな彼が、Coachellaの合間に思わぬチャリティー活動を行なっていたことが明らかになった。

TMZによると、Kid CudiはCoachellaが行なっているキャンペーン「Coachella Valley Rescue Mission」に参加し、カリフォルニアのホームレスの人々に配布するためにフライドチキンチェーン店Popeyesのチキン、ビスケット、マッシュポテト、フライドポテトのセット10000ドル(約110万円)相当を寄付したという。

フライドチキンは車に積まれて輸送され、数百人のホームレスたちのもとに届いたそう。以前はLil Pump6ix9ineがホームレスに食べ物を配っていたが、アメリカのラッパーたちのチャリティーに対する意識の高さが窺える。

Coachellaでは自身のセットはもちろんKanye Westの「Sunday Service」でも“Father Stretch My Hands Pt.1”などをパフォーマンスしていたKid Cudi。音楽だけでなく人助けも行い、彼にとっては充実したCoachellaになったことだろう。

RELATED

Kid Cudiの1stアルバム『Man On The Moon』の功績を紹介する動画がGeniusより公開

今年でリリース10周年となったKid Cudiの1stアルバム『Man On The Moon』。様々な側面において現在のシーンに多大な影響を与えている同作の功績を解説する動画がGeniusから公開された。

Kid CudiがNIGOとの対談で彼へのリスペクトを語る

現在は新作『Entergalactic』を制作中であるほか、今年2月にはA.P.C.とのコラボレーションアイテムを発表するなどファッションシーンとの関わりも深いことで知られるKid Cudiと、そんな彼がかねてよりリスペクトを公言しているA BATHING APEの創業者かつ現HUMAN MADEデザイナーのNIGOのインタビューがComplexより公開され話題を呼んでいる。

Kid Cudiが新作『Entergalactic』に合わせてNetflixでアニメシリーズを制作

現在、Kanye Westとのコラボ作『KIDS SEE GHOSTS』以来となるニューアルバム『Entergalactic』を制作中であるKid Cudi。そんな彼が、アルバムに合わせてNetflixでアニメシリーズを配信することが報じられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。