6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

6ix9ineは自身のInstagramにハンバーガーなどを持ち、シカゴのホームレスなどにそれらを支給し、「コミュニティーに与えているんだ、シカゴのラッパーたちがやらないかわりにな」とコメントしている。

IN LOVE WITH YALL FUCKING CITY CHICAGO ???❤️❤️❤️

TATI OUT NOW LINK IN BIOさん(@6ix9ine_)がシェアした投稿 -

慈善活動とビーフ中のラッパーへの挑発を組み合わせるのは、6ix9ineらしいやり口といえる。シカゴに降り立った6ix9ineは当初はセキュリティーなしで活動すると主張していたが、目撃者によれば6ix9ineはセキュリティーではなく、シカゴの警察に守られて行動しているとのことだ。

これに対してビーフ相手のChief Keefは6ix9ineの支援者である50 Centに対して、6ix9ineにもっとセキュリティーを雇った方がいいと、不敵な投稿をTwitterで行っている。

わざわざ相手の拠点まで乗り込み挑発する6ix9ineも6ix9ineだが、とにかく何事もないことを祈ろう。

RELATED

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

元マネージャーが6ix9ineを「恩知らずのクソ野郎」と罵る

昨年より9つの罪に問われ拘留され続けており、事件に関与した仲間を密告したことによって減刑の可能性も浮上している6ix9ine。そんな彼とともに逮捕され、銃器所持と銃撃の罪によって有罪判決を下された6ix9ineの元マネージャーShottiが、彼について「恩知らずのクソ野郎」と語っていたという。

6ix9ineが利益相反によりチームから外されていた弁護士を取り戻す

昨年11月に9つもの罪で連邦当局によって逮捕された6ix9ine。先月では、捜査に協力的な姿勢を見せていることで減刑され、保護観察処分に置かれる可能性が浮上しているなど裁判の風向きが変わってきているが、今月さらに彼にとって良いニュースが舞い込んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。