Rich The Kidが自身のツアーに「マリファナ巻き係」を5000ドルで雇いたいと考えている事を明かす

4月20日、Rich The Kidは休日の屋外イベント中にマリファナを巻いている際、ある事を閃いたそうだ。彼は自身のツアーに「マリファナ巻き係」を同行させ、その者に5000ドルを支払うと決めたのだ。

 

View this post on Instagram

 

#RichTheKid is hiring #RTK #BluntRoller

MAYBACH MEDIA NETWORKさん(@maybachmedia)がシェアした投稿 -


Rich The Kidはinstagramに動画を投稿し、「マリファナ係の為の5000ドルを用意したから、俺と一緒にツアーに来てくれ。俺は4月20日に自分で(マリファナを)巻いてちゃいけないんだよ。」と自分の為にマリファナを巻いてくれる者を募ると宣言し、「巻いてくれたら、俺に知らせてくれ」と締めくくっている。

またTwitterでも同様のツイートをしており、自分を雇って欲しいというコメントが殺到している。

2014年にもWaka Flocka Flameが同様の募集をかけていたが、彼が提示した条件は「フルタイムの労働で一年間5000ドル」というものだった。たった一回のツアーに同行し、Rich The Kidの為にマリファナを巻くだけで5000ドルの報酬が貰えるのは、かなり美味しい仕事と言えるだろう。ぜひ応募してみてはいかがだろうか。

related

A$AP FergがRich the Kidの“New Freezer”はKendrick Lamarが自分だけフィーチャリングされるのを条件に参加したと明かす

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたばかりのASAP FergがDJ Whoo Kidのインタビューに登場。2017年にリリースされたRich the Kidのデビューアルバム『The World Is Yours』に収録されている“New Freezer”には初め、自身が参加していたことを明かしている。

Rich The KidがUsherとレコーディングスタジオにいる間に強盗に遭う

昨年はLil Uzi Vertとのビーフも話題になったRich The Kidが現地時間の火曜日、強盗に遭ったようだ。

Rich The Kidが以前所属していた300 Entertainmentへの怒りを表明

昨年、ソロアーティストとしてInterscope Recordsと新たな契約を結んだRich The Kid。かつて在籍していたレーベル300 Entertainmentとの契約に不満を抱えていた彼は、晴れて移籍を果たした訳だが、それでもなお怒りは収まらないようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。