F-LAGSTUF-F 19AW LOOKが公開|テーマは 「COSMIC JOURNEY」

“An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランドF-LAGSTUF-Fの2019AWコレクションのLOOKが公開となった。




宇宙旅行をテーマにコズミックとバロック調のグラフィックを作成し、惑星をイメージしたカラー展開。オリジナルファブリックを使用したボックスパターンとワイドシルエットパンツは宇宙のワークウェアを連想させる。ミリタリーとアウトドアウェアに用いられる実用的なディテールを大胆に落とし込んだ。


異質なマウンテンジャケットとパフジャケットの生地使いや、パンツに使用されている切り返しはリアルクローズを表現。

独自性を凝らしたサンダー柄フリース、マルチバロック柄、レオパードは柄を書き下ろし、F-LAGSTUF-Fならではのスペーシーな世界観。
blackmeans特注のスタッズジャケットは裾のリフレクターコードとスタッズの秀逸なバランス。
Info
Stylist:Ryota Yamada
Photographer:Kento Mori
Hair:Taro Yoshida

INFO

http://flagstuff.jp/

RELATED

F-LAGSTUF-FとLarry Clarkのコラボレーションアイテムが7/20に発売

“An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランド、F-LAGSTUF-Fと、アメリカのティーンネイジャーのリアルな姿を撮り続けているラリー・クラークのコラボアイテムが7/20(土)に発売が決定した...

F-LAGSTUF-F × DRAGON BALL のコラボレーションアイテムが発売

「An uncategorizable genre"(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)」をコンセプトに、2014年より東京でスタートしたブランドF-LAGSTUF-F。

藤原裕和によるブランドroundaboutの2016-17AWのルックが公開

自分のその時作りたいものを作るを重視して作製された2016-17AW

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。