人気アメコミシリーズを映画化した『ヘルボーイ』が2019年秋に日本公開決定

4月12日に北米公開を迎え、大きな話題となっているダークホースコミックス原作の映画『HELLBOY』が、邦題『ヘルボーイ』として2019年秋に日本公開することが決定した。

作者のマイク・ミニョーラ完全監修で制作され、ヘルボーイ役には最注目俳優デヴィッド・ハーバー(「ストレンジャー・シングス」のメインキャスト)が抜擢され、また全世界滅亡を企む最大の敵ブラッドクイーンをミラ・ジョヴォヴィッチが演じる。

既に初日を迎えた北米ではアメコミ界のダークヒーロー真打登場、そしてその衝撃的な内容から早くも盛り上がりを見せている。また、今回解禁された日本版の第1弾ビジュアルは、燃え盛る炎を背景に、鋭い眼差しで銃を構えるヘルボーイが強い印象を残す。「悪かったな、俺がヒーローで。」と悪魔であるにも関わらず、アメコミヒーローという稀有な立ち位置が、ヘルボーイ自身の台詞として皮肉を込めて表現されている。

アメコミ好きなら要チェックだ。

INFO

映画『ヘルボーイ』

監督:ニール・マーシャル
原作:マイク・ミニョーラ
フロテューサー:ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン
キャスト:デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォヴィッチ、イアン・マクシェーン、サッシャ・レイン、ダニエル・デイ・キム
提供:ハピネット、REGENTS、ポニーキャニオン
配給:REGENTS
2019/アメリカ/英語/120分
公式HP: http://hellboy-movie.jp/

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。