Kendrick LamarとSnoop Doggがそれぞれ故Nipsey Hussleとの思い出を語る

4月1日、銃撃によって命を落としたことが報じられたNipsey Hussle。多くのアーティストが彼に対する追悼を行なっている中、生前の彼と親交のあったKendrick Lamarが追悼のメッセージを公開している。

Complexにて公開されているメッセージで、Kendrickは「Jay Rockのサポートをしていたとき、Nipseyと挨拶をした。あれは立派だったよ。俺は観客の中に入って、彼の曲を聴いていた。考えてみると、彼は俺がなりたかったタイプの才能があった。彼のカリスマと言葉は力強くて、でも人として誠実だった。夢中になったよ」と彼の音楽と人柄を絶賛し、「俺は、彼の周りに意志を持った若い黒人の男が集まるのを見た。彼らは偉大になることを決意していたんだ。知識という偉大さ、富という偉大さ、そして自分自身の偉大さ。(中略)Nipseyはその全てを持っていた。時間が気づかせてくれたよ。でも最も重要なのは、彼が神に与えられた器だったということだ。今、俺は彼と彼の家族のことを想って胸が痛んでる」として追悼を行なった。

Kendrickの他にも、Snoop DoggがNipsey Hussleの追悼式に登壇し、スピーチを行なっている。Snoopは彼の音楽を初めて聴いたときのことについて「俺は車のバックシートで、彼のCDを下敷きにしてブランツを巻いていた。その時一緒にいた仲間が彼のことを知っていて、CDを開いて流してみたんだ。俺は“ヤバいな、これはハードだ”って感じだった」と、いかにも彼らしいエピソードを披露し会場の笑いを誘っている。続けて「彼は偉大な男で、リーダーで、父親で、先生で、友達だった」と語り、「NipseyとLauren Londonを見ると、いつも俺と妻のことを思い出した。黒人の素晴らしさだ」として生前の彼と恋人のLauren Londonの関係を讃えている。

多くのラッパーたちの記憶に偉大な人物として残り続けるNipsey Hussle。彼も天国でこれらのメッセージを喜んでいることだろう。

related

Thundercatが「ニートtokyo」のインタビューでKendrick Lamarの新作に参加していることを明かす

ニューアルバム『It Is What It Is』を4月にリリース予定のThundercat。先行曲“FairChance”や“Dragonball Durag”も話題となっている彼が、日本のインタビューメディア「ニートyokyo」に登場した。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick Lamarをテーマにした『文藝別冊』が今月発売 | Awich、C.O.S.A.、OMSB、仙人掌などのインタビューも掲載

現代における卓越したラッパーの1人であるKendrick Lamarをテーマにした雑誌『文藝別冊』が発売となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。