Soulja Boyが自身のゲストヴァースを1万ドルで販売すると発表

SNSを使ったお騒がせな行動が続いているSoulja Boy。様々な話題(問題?)を起こした結果Warner Musicとの契約を獲得したSoulja Boyが、新たなプロモーション戦略に打って出た。

Would you cop one?! 🤔

DJVONTVさん(@djvontv)がシェアした投稿 -

Soulja Boyは自身のゲストヴァースを1万ドル(約111万円)で販売すると発表した。また自身のビートを2500ドル、Instagramアカウント@Lil100.SODMGの所有権を1000ドルであわせて販売している。高額なギャランティーで知られるUSのラッパーだが、Soulja Boyのゲストバースが1万ドルというのは、高いのか安いのかわからない絶妙な値付けといえるかもしれない。予算がたんまり余っているラッパーでゲストを探している方がいればSoulja Boyを候補に考えてみてはどうだろうか?

related

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

Soulja Boyがアルコールやドラッグをやめたことで22キロ増量し健康に

ここ近年はお騒がせラッパーという印象が強くなってしまっていたSoulja Boy。そんな彼が最近改心し、アルコールやドラッグを完全に断つことで22キロの増量に成功。とても健康的な生活を送っていると伝えられている。

A$AP Rockyが「もしSoulja Boyがいなかったら、自分は存在しなかっただろう」と語る

Soulja Boyといえば“Crank That”をはじめ、インターネットを武器にのし上がったラッパーの先駆け的存在である。そんな彼に対し、A$AP Rockyがリスペクトを送っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。