Cardi Bが「ここ2年間自分が自分じゃなかった気がして悲しい」と語る

今やアメリカの音楽シーンを代表するスーパースターとなったCardi B。チャート上の記録を数多く打ち立て絶好調とも言えるキャリアを歩んでいる彼女だが、スターでいることに苦しみも抱えているようだ。

Cardi Bは先週土曜日に自身のTwitterを更新。「私はエロい」と語る彼女にあるファンが「私はあなたのことが大好きだけど、若い女の子にあなたが送っているメッセージには賛成できない」とリプライしたところ、Cardi Bは「ここ2年間自分が言ってきたことを考えると、私は自分を見失ってたような気がする。自分自身じゃなかったから囚われていたような気持ちだったし悲しかったけど、みんな私に“ロールモデル”であるよう求める。みんなが私の過去に唾を吐きかけるから、昔の自分に戻った」と発言。ファンによってロールモデル的な役割を求められることに疲れ切っていることを明かした。

スーパーマーケットの店員やストリッパーとして働きながら現在の地位を築いてきた独特な経歴によって注目を集めてきた彼女だが、人気が高まるにつれて女性としてのコンシャスさや影響力への責任を求められ、品行方正であることを望まれるようになってしまったのかもしれない。Offsetの妻、また子供を持つ母親としての言動も話題を呼ぶが、一人の人間として見られることが少なくなったことが彼女を疲れさせているのだろう。

しかし、古くからのCardi Bのファンには彼女が社会的に正しくない部分やバッドガール的なキャラクターを持つことを当たり前のように受け入れているようにも思われる。人気の高まりにつれて求められる役割も変わっていく、スターの気苦労を考えさせられるニュースであった。

RELATED

「Nicki Minajとの仲直りはあるか?」と尋ねられたCardi Bが沈黙のまま不敵な笑みを浮かべ続ける

今月12日に開催されたイベントSwisher Sweets Artist ProjectでVarietyがCardi Bに対してインタビューを行った。その中でインタビュアーは、去年からビーフ状態にあるNicki Minajとの関係に踏み込んだそうだ。

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

Reebokの90年代を代表するシューズ「AZTREK」にシーズナリーカラーが登場 │ Cardi BとFutureが出演するムービーも公開

歴代の名作を中心に展開するReebokのカジュアルライン“Reebok CLASSIC”から、90年代の主要なモデルである「AZTREK」の新色が3月1日(金)に発売される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。