Nipsey HussleがLAで複数回の銃撃を受ける

今年のグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門に最新作『Victory Lap』でノミネートされていたラッパーのNipsey Hussleが、LAのハイド・パーク近郊のクレンショー地区にある自身のアパレルショップの外で銃撃を受けたとTMZが伝えている

2017年にオープンした自身の店、Marathon Storeの前で起こったこの事件、目撃者によれば銃撃は複数回に渡ったという。またTMZの最新情報によればNipseyを含め3人が銃撃を受け、病院に搬送されたがそのうちの1人が死亡したとのことだ。犯人は1人で乗り物で逃走したとも目撃者は述べている。

Nipsey Hussleはクレンショー地区出身で2大ギャングの1つCripsに所属している。しかし彼は敵対するBloodsの一員であるYGやThe Gameとも楽曲を制作しており、YGのトランプ大統領批判曲"FDT(Fuck Donald Trump)"でも共演を果たしている。

今はただNipsey Hussleの無事を祈るのみだ。

 

related

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

故Nipsey HussleのパートナーLauren Londonが彼が残した影響や銃による暴力について語る

昨年4月に銃撃を受けて命を落としたNipsey Hussle。生前の彼のパートナーであったLauren LondonがWeb番組『Red Table Talk』に出演。そこでNipsey Hussleが命を落とす原因となった銃による暴力について語っている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。