小袋成彬による新レーベルASEVERからインドネシアのビートメイカーpxzvcのEP『a fragrance of a bitter taste』がリリース

UKで新レーベル「ASEVER」の始動を発表し注目を集めた、小袋成彬率いる「Tokyo Recordings」。ファーストリリースとなったインドネシアのビートメーカーpxzvcが、EP『a fragrance of a bitter taste』をリリースする。

全6曲収録となる今作は、全曲pxzvc本人によるプロデュース。ミックス及びマスタリングも本人の手によって行われている。リード曲“Verre d'eau”に代表されるようなポストVaporwave の雰囲気を漂わせるビート作品と、同じくインドネシア出身の女性R&BシンガーLucindaやNoniを客演に招いたメロディアスな楽曲群で構成されている。

EPリリースに合わせ“Verre d'eau”のミュージックビデオも公開。pxzvc本人が映画監督の岩井俊二からインスピレーションを受けて制作したという本作は、アーティスト独特のファンタジーや視点、それらを表現する色味やカメラワークなど、随所にユニークさが見られる。

アジアから生まれた新世代のサウンドをサポートするASEVERの存在と、今後の展開が楽しみだ。

INFO

リリース日:3/22(金)
作品タイトル:a fragrance of a bitter taste
アーティスト:pxzvc
レーベル:ASEVER

Spotify:
http://open.spotify.com/album/5oBKgz9KU2NKf25H5qLMbU

Apple Music:
https://itunes.apple.com/us/album/a-fragrance-of-a-bitter-taste-ep/1453693192?ls=1

<Tokyo Recordings>

OBKRとYaffleを中心とした、音楽プロデューサーチーム。2014年に独立系のインディーレーベルとして設立され、レーベル運営とともに数多くの広告音楽や楽曲プロデュースを行う。近作に映画「ナラタージュ」の主題歌の編曲、有安杏果「色えんぴつ」作編曲など。

Tokyo Recordings
http://www.tokyorecordings.com/

<pxzvc>

インドネシア・ジャカルタ在住のビートメーカー/プロデューサー。2018年に発表した楽曲『Bad Idea (feat. Shiloh Dynasty)』が、YouTubeとSoundCloudを起点にインターネット・ミームとなり、約半年足らずでSpotifyで750万再生以上を記録。Post-vaporwave を担う、次世代の注目アーティスト。

Instagram
https://www.instagram.com/pxzvc/

SoundCloud
https://soundcloud.com/pxzvc

related

小袋成彬が3rdアルバム『Strides』をリリース|“Work”のミュージックビデオも公開

小袋成彬が本日10月13日(水)、3rdアルバム『Strides』をリリースした。

小袋成彬が3rdアルバム『Strides』を来週リリース | KANDYTOWNのMUDが参加

2019年12月の2ndアルバム『Piercing』以来楽曲を発表していなかった小袋成彬が、3rdアルバム『Strides』を10/13(水)にリリースするとアナウンスした。

小袋成彬が映画『ムーンライト・シャドウ』とコラボした新曲“Parallax”のMVを公開|2ndアルバム『Piercing』のアナログ化も発表

2019年12月にリリースされた2nd アルバム『Piercing』以来1年9か月振りとなる新曲“Parallax”を発表した小袋成彬。9月10日(金)より上映中の映画『ムーンライト・シャドウ』のコラボレーションソングである同曲は現在リリース日や詳細等が未定の中、映画『ムーンライト・シャドウ』と同曲のコラボMVが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。