21 Savageがベッドと寝室を自慢する

先月には不法滞在の疑いで移民税関局に逮捕されたものの、釈放され平穏な生活に戻った21 Savage。そんな彼が、自宅のハイテクな寝室とベッドを自慢する平和な動画が公開された。

動画には、黒い布団がかけられた巨大なベッドが映っている。21 Savageは「これが100000ドル(約1100万円)のベッドだぜ」と説明しており、かなりの金額を費やしたようだ。寝室の壁にはテレビの画面がプロジェクターで映されており、寝転びながらゲームなどを楽しめるようになっているらしい。さらに、寝室の入り口には自動でブラインドがかかるようになっており、密閉された空間で快適な眠りにつくことが出来るようだ。

View this post on Instagram

#21savage copped a $100,000 bed.

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

以前のインタビューでは「ジュエリーを買わなくなって金持ちになってきた」と語っていた21 Savage。浮いたお金をベッドなどの生活用品に充てることでQOLを上げることに成功したのだろう。

いずれにせよ、ロンドンを抜け出しアトランタで生活する厳しい人生を歩んできた彼がこのような生活を手にしているという事実は希望が持てるものだ。今後も彼が国外退去などの心配無く、理想的な生活を続けられるよう願うばかりだ。

RELATED

21 Savageが経済についてのワークショップを開催し子供たちに100ドルをプレゼント

今月の初めに始動がアナウンスされた21 Savageの教育キャンペーン「21 savage Bank Account」。その第一回となるワークショップが先日アトランタにて開催された。

Offsetがラジオインタビューで間違った質問をされ気まずい雰囲気に

アーティストのインタビューを行う人にとっては、間違った質問や余計な一言でアーティストの機嫌を損ねることは絶対に避けたいところだ。しかし今回、Offsetにインタビューしたラジオパーソナリティが初歩的なミスを犯したことで気まずいことになってしまったようだ。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。