王舟が3年ぶりとなるニューアルバム『Big fish』を5月にリリース

王舟は前作『PICTURE』リリース以後MOCKYによるリミックスを収録した7インチシングル『Moebius』、イタリア録音となったBIOMAN(neco眠る)との共作インストアルバム『Villa Tereze』、そしてCM音楽提供など様々な活動をおこなってきた。

そんな活動を経て3年ぶりとなる自身のソロ作『Big fish』が、5月にリリースされることになった。全11曲を収録した同作は自身による練達のギター・プレイを軸としたフォーキーな詩情、これまでに増して豊かな表情を湛えたヴォーカル、そして奔放でいて精緻なビート・メイクとポップスのこれからを静かに掲示する作品となっている。

また、アルバムの発売を記念して、7月には東京と大阪でリリースイベントも行う予定だ。

Info

アーティスト:王舟(オウシュウ)
タイトル:Big fish(ビッグ・フィッシュ)
品番:PECF-1171
税抜価格:2,500円
収録曲数:11曲

▼イベント情報
王舟 "Big fish" release party

2019年7月5日(金)大阪CONPASS
OPEN 19:00 / START19:30
前売 3,500円

2019年7月14日(日) 渋谷WWW
OPEN17:30 / SART18:30
前売 3,500円

※チケット発売の詳細は後日発表

related

王舟がコロナ禍に制作していた音源をまとめ上げたニューアルバム『Pulchra Ondo』をリリース

王舟がニューアルバム『Pulchra Ondo』を本日6/17(水)にリリースした。

CINRA.NETによる『CROSSING CARNIVAL』のオンライン版が開催 | Campanella、Daichi Yamamoto、王舟、曽我部恵一、柴田聡子などが出演

カルチャーウェブメディアCINRA.NET主催の音楽イベント『CROSSING CARNIVAL』。

休業中の阿佐ヶ谷Rojiがcero、VIDEOTAPEMUSIC、王舟などゆかりのあるアーティストが参加したデモ音源集をリリース

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止対策を受けて休業中のカフェバー阿佐ヶ谷Rojiが、cero、VIDEOTAPEMUSIC、王舟ら所縁のあるアーティストによるコンピレーションデモ音源集『crowd』を4/24(金)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。