Kodak Blackが「俺はSticky Fingazを殴ってやった」と主張

先日は突如としてLil Wayneをディスしたことも話題となったKodak Blackが、またしてもベテランラッパーとの間にトラブルを抱えたようだ。

Complexによると、Kodak Blackはツアーの最中にONYXのメンバーで東海岸のベテランであるSticky Fingazと遭遇。しかし彼の「頭の古いエネルギー」が気に入らず、暴力を振るったという。彼はInstagramライブにてその際のエピソードを得意げに披露しており、「Sticky Fingazが俺のツアーバスに乗ってきたんだよ。俺はあいつの古いエネルギーが気に入らなかった。年寄りは嫌いだからな。俺は90年代生まれだ。あいつらにリスペクトはねえよ。今まで言えなかったけど今日は言うぜ。あいつはバスに乗ってきて、頭がおかしいことをしていたんだ。俺はあいつの踊り方も好きじゃなかったし、エネルギーも気に入らなかったんだ。70年代生まれ、80年代生まれの世代のバイブスがな。俺はあいつを死ぬほど殴ってやったよ。“オラァ!”ってな」と、単にSticky Fingazの雰囲気が気に入らなかったというだけの理由で殴ったことを明かしている。

#KodakBlack claims he punched #StickyFingaz on his tour bus

VladTVさん(@vladtv)がシェアした投稿 -

/

さらに「あいつのカバンを投げて、中を見たら銃が入ってた。奴をそれで撃ってやろうとしたら、その銃はオモチャだったんだ。“なんなんだよ?”って感じだった。あいつは逃げ出したけど、あの銃がオモチャだって知ってたならなんで逃げ出したんだ?流石は俳優だな」と、一時は彼を撃とうとしていたとも語っている。銃がオモチャだったため良かったものの、もしも本物を持っていたならどのような事態に発展していたのだろうか。

理不尽な暴力を受けたSticky Fingazには同情する他ないが、ベテランのラッパーたちに敵意を燃やし続けるKodak Blackが更に大きなトラブルを巻き起こさないかどうかが心配なところだ。

RELATED

Kodak Blackが裁判で銃器所持など複数の罪を認めたことが明らかに

今年5月、Rolling Loudに出演する直前にアメリカとカナダの国境で逮捕されたKodak Black。銃器所持や薬物所持など複数の容疑がかけられていた彼が今回、裁判で自身の有罪を認めたことが明らかになった。

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

Rolling Loud前に逮捕されたKodak Blackが10年の服役に処される可能性

先日のRolling Loudに出演予定だったものの、会場入りの際に銃を所持していることが発覚しまたもや逮捕されてしまったKodak Black。そんな彼に、いよいよ重い刑罰を下される可能性が浮上しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。