Offsetがラジオインタビューで間違った質問をされ気まずい雰囲気に

アーティストのインタビューを行う人にとっては、間違った質問や余計な一言でアーティストの機嫌を損ねることは絶対に避けたいところだ。しかし今回、Offsetにインタビューしたラジオパーソナリティが初歩的なミスを犯したことで気まずいことになってしまったようだ。

Power 106の人気ラジオ番組『The Cruz Show』に出演したOffset。冒頭からメインパーソナリティのJ Cruzが「父親としての自分をどう評価してる?」「Cardiに言っておいてくれ、父親が母親と違うことをやってもそれは間違いじゃない。母親はいつも自分を正しいと思ってるからな」などと妙な発言を連発したためにインタビューは終始微妙な空気が流れているが、その後別のパーソナリティが「いつか21 savageとコラボアルバムを作ったりしないの?」という質問を発してしまった。

ご存知の通りOffsetと21 SavageはMetro Boominのプロデュースによるアルバム『Without Warning』を2017年にリリースしている。当然Offset自身も質問を受けて「もうやってるよ、『Without Warning』だ。俺とあいつと、Metroで。知らなかったか。“Ric Flair Drip”も入ってる。プラチナディスクだ。アルバム全体、全部の曲がプラチナになった。“Ric Flair Drip”はプラチナの4倍だな」と、大ヒットした同作の存在を忘れていたことに驚きを隠せない様子を見せている。怒った様子は見せておらず冗談めかして指摘を行なっているが、見るからにテンションは下がっており終始低いトーンの声で喋っている。

日々の疲れが溜まっていたのかもしれないが、見ているこちらもヒヤヒヤしてしまうような場面であった。気まずいインタビューの全編はこちらから観ることが出来る。

related

Offsetがトランプ支持者に銃を向けたとして警察に拘束される

先日はCardi Bとの離婚が申請されたとのニュースで話題を呼んだOffset。そんな彼が、警察とのトラブルに巻き込まれてしまったようだ。

【レビュー】21 Savage & Metro Boomin 『Savage Mode 2』| 前作の型にはまらないコンテクストの充実

予想通りアメリカのビルボードチャートで初登場1位を奪取した21 Savage & Metro Boominのコラボ作『Savage Mode 2』。波乱の2020年のヒップホップシーンを代表する作品は、21 SavageとMetro Boominを歴史上最も成功したラッパーとプロデューサー...

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。