Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

『KIDS SEE GHOSTS』に収録された“Freeee (Ghost Town Pt. 2)”の冒頭には、Bobb Sempleという俳優が公民権運動にも影響を与えた黒人活動家Marcus Garveyを演じスピーチをしている音声がサンプリングされている。

The Blastが報じるところによると、Bobb Sempleが無断で自身の音声をしようされたとしてKanye West、Kid Cudi、Ty Dolla $ignの三人、そしてDef Jam、Universal Musicの2レーベルを相手取って訴訟を起こしているという。さらに彼は「肉声、言葉、パフォーマンスを許可なく不当に利用された」との声明も発表している。

Kanyeは以前にもLil Pumpとの“I Love It”においてDavid Moralesの楽曲を許可なくサンプリングし抗議されていた他、T-Painのビートをクレジットせず利用したことでも問題となった。巧みなサンプリングで知られるKanyeのビートだが、無許可でのサンプリングによる騒動は幾度も発生している。

裁判の結果Kanyeがどれほどの金額を支払うかはまだ分からないが、彼の楽曲制作におけるこのような問題は今後も発生していきそうな気配だ。

RELATED

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。